Skip navigation

Tag Archives: 音楽

秋葉原までライブ観覧に出かけた。
大学時代のサークルの先輩が所属するバンドの主催イベントだった。
いつものテンションだと最前列で大騒ぎするような非常に内容の濃いライブだったけれど、前夜徹夜だったせいか、色々と思うところがあったせいかストレスを発散しきることはできなかった。
1バンド目は多少ベースが不安定で乗り切れなかった。なかなか洒落た感じのトラックもあったけれども、後から考えてみると割と可もなく不可もなくという印象。
2バンド目は以前にも見たことがあった強烈な3ピースのビバップからパンクへのオマージュ。過激な伝統芸能だった。好きな感じの馬鹿さ加減ではあるけれども、正直今日はきつかった。
3バンド目は全てのメンバーがとんでもない技術を持つハードファンクエンターテイメントといったところか。結成3ヶ月であれほどの演奏力と世界観構築、初見の客を引き込むことのできる訴求力を持つバンドを僕は他に知らなかった。おそらく今日のベストアクト。こういったバンドでも、純粋に楽しむことよりも技術的な側面に注目してしまう自分が悔しい。
最後は先輩の参加している高速エレパンクバンド。
今回でメンバーが11人→7人になることもあって、歓送会とも言わんばかりのお祭りムード。なぜかテンションが低くてそれに乗り切れなかった自分も悔しい。
多分、理由としては3月の自分のライブで勢いだけで突っ走ってしまったことに対する反省と同じものをステージから感じてしまったからだろう。演奏面のパフォーマンスのプロフェッショナルに徹するのと、ファンサービスのパフォーマンスに徹するのはどちらがよいライブと言えるのか、と考える。結論は出ない。
そして先日、入ったばかりのバンドを脱退し、出張に備えている自分の姿はそれで良いのかと相変わらず自問自答。答えは出ない。

okatch が言及しているのを見て驚愕。
愚かなことはやめてくれ。
今まで大手の外資系レコード店等で色々と興味深い海外のマイナーなアーティストを知ってきたわけだが、これからは自分で海外サイトを彷徨って、自分の琴線に触れる音を探さなければならなくなるのか。おそらくは店員の個人的趣味と思われるオススメ輸入版コーナーみたいな物がある店は多いが、担当者の趣味と僕の趣味が合っていたら、自分の時間を費やさずとも、音楽的発見を新たにするようなとてつもない音に出逢える可能性が高かったのだ。しかし、今後レコード店での販売が禁止されれば、そのチャンネルはなくなる。
ウェブの形で情報を発信していないアーティストは、僕はこれからどうやって知ればよいのだ。そういう趣味の人間は UK インディーの雑誌でも個人輸入すればいいと言うことなのだろうか。僕はどちらかと言うと売れ線の曲よりも、音楽の新たな解釈をしている人の曲に興味がある。そういった趣味の人は、最近は決して少なくはないと思うのだけれど。
こう言った妙な改悪を重ねると、法案の意図とは逆に、ますます国際競争力を弱めることにしかなり得ないだろう。この手の思想は、文化の多様性を政治的意図でねじ伏せることに繋がりかねず恐ろしい。
海外盤CD輸入禁止に反対するホームページ
http://sound.jp/stop-rev-crlaw/
海外盤CD輸入禁止に反対するBLOG
http://blog.goo.ne.jp/stop-rev-crlaw/

このところ温めていた新バンド企画の第一回ミーティングがあった。バンドでベースを担当するのは 2000 年に期間限定で活動していた possession to n 以来になるので、僕にとってはある意味リハビリに近い。とりあえず曲は曲決めもバンド名決めもなしで、詳細は 5月以降。

我々の特徴。

  • 横浜で練習するバンドなのに、4人全員がバラバラの沿線である。(京急、相鉄、JR、東横)
  • 全員携帯の業者がバラバラである。

音楽性までバラバラでないことを祈る。

学生時代から今に至るまで所属していた作曲サークルの卒業生追い出しライブに参加する。 3 年前に自分が追い出されて以来のライブ出演をする決意をした理由は、当時メインで一緒に活動していたメンバーのうち 2 人が京都を去ることになったからという理由が大きい。関東で彼等なしのバンド活動をしてみて、やはり以心伝心で伝わらない部分の欠落を感じることが多い。
朝 5 時半まで徹夜で仕事を片付け、6 時に新横浜を発つ新幹線に乗った。座れたものの隣が 2 歳くらいの女の子でずっと歌を歌いっぱなしで寝れない。途中で信号の故障もあったようで、30 分ほど遅れて京都入りし、そのままタクシーでリハーサルスタジオへ。
昨日修理から上がったギターを取り出し、リハを始めた途端弦が切れた。弦を張り直したりしていたので結局 1 時間くらいしか練習出来なかったのではないだろうか。そんなわけで、彼は少し誉めすぎだと思う。3 年ぶりの音合わせがわずか 1 時間。しかも、他バンドのメンバーの都合で我々がライブの大トリだという。ライブを無礼(ナメ)るなと言われそうな段取りだった。
会場入りして PA リハに入るが、指定したギターアンプが来ていなかったりマイクの数が合わなかったりでトラブル続き。今回、最後までそのトラブルの渦から逃れることは出来なかった。
他のバンドのリハーサルを聞きながらギター弦を張って、クロマチックチューナーを見ながらフロイドローズのファインチューナーでピッチを整えた。
ステージに上がってアンプの出音を聞いた瞬間 4 弦が半音低いことに気づいた。チューナーの目盛りの見間違いだ。しかし、この時点で 30 分以上スケジュールが押していて、既に我々の持ち時間は曲の正味の尺程度しかなかった。大急ぎでステージ上でチューニングし、そのまま曲になだれ込む。この時点で僕は今日は暴れるほうのパフォーマンスを優先することにした。
ご祝儀ムードのステージ・フロアのハイテンションもあり、一気に突っ走るようにステージは終わった。楽しいという意味ではベスト 3 、演奏の精度という意味ではワースト 3 という極端な出来だったけれど、まあ、追い出される本人たちがよしとしてくれたので僕も満足。まあ、今度やる時はもう少し聞かせる演奏ができるようにしよう。
その後、昔から変わらぬ 3 軒をハシゴする打ち上げ。全く寝ていなかったせいもあり、僕は例によってめちゃくちゃに酔った。いい加減人に心配や迷惑をかける飲み方はやめようと思っていたのに、またやってしまって自己嫌悪。追い出される主賓のにまでご迷惑をお掛けしまして申し訳ないです。
本当に、今度から自重しようと思っています。

Read More »

明日は 2 年と 7 ヶ月ぶりのライブ。前のライブが志賀高原のサークル合宿でのミニライブだったので、実質ライブハウスでは丸 3 年ぶりだ。
とは言え、今日の午後 5 時くらいから本番なのに、まだ 1 回も全員が顔を合わせていないのはどうなんだろう。僕以外のメンバーは京都在住で、僕が横浜在住だからこんなことになるのだけれど。何となく出来がやばそうな雰囲気だけれど、僕自身が更なる地雷になりそうで不安。
ともあれ、今日やっとメインの楽器が修理から上がったので、僕としてはベストに近い状態で臨めるはずだ。グルーヴを作るところまでは難しいかもしれないけれど、27 歳男子なりに若者を刺激できればと思う。

知人が逮捕された。自宅に遊びに来たことのある人物が逮捕されたのは初めてだ。まあ、多少その傾向にあるとは思っていたけれど、そういう素振りを見せていても実際に行動には移さない人の方が多いと思う。やったかやらないかは別として、疑われるような行動からまず避けるべきだ。
僕は人間関係において相手の同意なく何かをするということを好まないのでこの手の事件の加害者になることはないと思う。人に何かする場合でも何かされる場合でも、いつも優しさに包まれていたらいいなと思うようなぬるい人間だから。

このところ完全に自宅に仕事が侵食してきていたので、とんでもなく久々にシーケンスソフトを立ち上げた。自宅のパソコンで仕事以外のことをするのはいつ以来だろう。予想以上にソフトの使い方を忘れていたり音色選びのセンスが衰えていて驚いた。相当のリハビリが必要だと感じる。
公私混同という言葉は、主に公の場に私事が流れ込むことだけの意味でしか使われていないが、公が自宅に侵攻してきてプライベートが全くなくなることについても使ってよいのではないだろうか。公私混同を強要する職場があまりにも多い今の時代にプライベートを確保することは難しいけれど、自分の本分すら奪われるような生活は避けるべきだし、自分の本分を確保するのは正しく自分の責任だ。

Lamp/恋人へ久々の衝動買い。歩いていて有線でかかっていた曲が気になり、全く知らないユニットの曲だったけれど帰りにタワレコに寄って試聴で探し、即購入。
特別なフックやギミックがあるわけでもなく、単にどこまでも純粋なポップスだけれど、疲れて倒れそうな身体と耳鳴りのひどい頭にはとても優しい。
リードヴォーカルが男性の曲と女性の曲が半々。個人的には舌足らず気味な女性ヴォーカル曲 (6) 「雨のメッセージ」 が一押し。

竹内めぐみデビュー曲、韓国でカバー 「何もない僕等」
今年 1 月 1 日に日本語 CD の発売が解禁されて以来、韓国語でカバーされた日本人の楽曲第一号とのこと。
この曲の作曲者である友人も日韓の音楽交流の歴史に名を残すことになるわけか。
もう1年半ほど連絡を取っていない彼が僕のことを友人と思っているかどうかは判らないけれど。 5・6年前に男同士で狂ったように長電話したりしていたのが懐かしい。
今現在、彼は日本で特に有名になっているわけではない。しかし、恐らく言葉も知らない隣の国の人に、数え切れない曲の中から選ばれたということは、彼の作品が普遍的に伝わり得るものだということを示していると思う。竹内めぐみへの提供曲に限らず、数年前の彼自身のアルバムが売れなかったのがもったいなくてしょうがない。単にその辺に転がしておいても、周囲と全然違う光を放っていたはずなのに。多分みな自分の目(耳)で探す気がなかったんだろう。
センス、技術、そしてスタンスの全てで、僕が超えられない壁を斜め上に突き抜けている彼にとって、日本のマーケットは了見が狭すぎたのかもしれない。単に、その時のマーケットの流れと彼の運が悪かったのかもしれない。これが韓国でものすごい好評を博して逆輸入されて流行したら日本人は追随するのか、などと思う。
長瀬弘樹氏は、僕の知る限りは残念なくらい正当に評価されていない人物だと思う。少なくとも Google の検索結果で、単なる MIDI フリー素材屋の僕よりも彼の名前が少ないのはどうかしている。
世論は大衆の意識の平均だから、評価は僕個人が言ってどうなるものでもない。けれど、単に彼とその作品の存在を今よりも少しだけ多くの人が知るだけで、大きく風向きが変わると僕は思う。

今朝読んでぎょっとしたニュースに okatch 氏も触れていたのでちょっと思うところを書く。

予想通りと言うか何と言うか……。
勝手に複数の超高周波倍音を追加することで、それを録音する際に例えばデジタル録音機器なら、サンプリング周波数との間でうなりやクラックルノイズを発生させる。アナログ録音機器であっても、録音時の周波数特性が非線形となくなることを利用してノイズを発生させるのであろう。すなわち、単純に曲の中で意図的に超高域を鳴らしているだけでうなりが発生すると予測される。この手の技術にありがちなものとして、そのうなりは人間の耳で聴いて原音との違いがわかるレベルの影響を与えてしまうことだろう。
また、この技術はアンプとかエンクロージャーが完全に線形な増幅を行っていることを前提としているけれど、単に購入した CD を自宅のオーディオで再生している場合でも、再生機器に非線形な増幅回路があった場合、元々の音楽と超高周波が振幅変調されてしまうのではないか。
そして、現実の民生用のオーディオ回路には多かれ少なかれ非線形歪みが無視できないレベルで存在する。
恐らくストラヴィンスキーの「春の祭典」に代表されるような、使用されている音の帯域が広い多くのクラシック曲が音質劣化等の悪影響を受けるはずだ。また、僕の曲には意図的に可聴域の限界付近の音を鳴らしているものがあるので、自分のCDには適用したくはない。
結局この手の技術は原音を破壊するもので、周波数帯域の狭いポップミュージック辺りでしか有効に活用され得ないのではないか。電車の中なんかで、ポータブルCDで音割れした音を聞いている場合や、単にそれっぽいアイドルが歌っていればいい人たちなどの耳には害はないのかもしれない。
真っ当なオーディオを持っている人ほど不利益を被るのはいかがなものか。
僕はこんな技術が世に出るくらいなら、いっその事CDとドングルをセットで販売してもらい、そのドングルをセットしたオーディオ機器ではないと再生されないような規格のオーディオ媒体の実現を望む。

Read More »

Get Adobe Flash player