Skip navigation

Tag Archives: 妄想

多少のギターが弾けたつもりだったが、この1年でほぼ全く体が言うことを利かなくなった。練習してもなかなか勘が戻らない。

歩いているだけでも、時には座っているだけでも疲れを感じることがある。仕事中に眩暈がして仕事が進まないこともある。

僕は歳をとった。

全体が、緩やかにもしくは急激に落ちていく中で、生活レベルを維持するためだけでも常に勝ち続けなければ淘汰されるだろう。自分自身や身の周りだけでもそうだし、自分の両親が自分たちにしてくれた教育なり家庭環境の基盤なりを同じレベルで次の世代に提供しようとするならなおさらだ。

現時点ではほとんど何も、義務すら果たせていないんだろうと思う。

だとすると、これから最低でも28年勝ち続けるための強みとして何が使えるのか。

この期に及んで、甘い汁しか吸って来なかったひ弱なモヤシである自覚を持ってもどうしようもないのだけれど、覚悟が足らないのだと思う。現状を見据えて覚悟しよう。寝ている場合でもないから覚悟しよう。

話はそれからだ。

スーツを着て乗っていたはずの渋谷行きのバスを降りたら、何故か僕は全裸で駅前の四角い歩道橋を渡っていた。

指差して笑われたので自分の姿に気付き、降りたばかりのバスに戻ると、運転手と数人の乗客が無造作に服が突っ込まれた僕の鞄を見てニヤニヤしていた。いたたまれない気分になって、鞄を掴んで前だけ隠し、全裸のまま走って逃げた。

すれ違った警官は驚いていたが、とりあえず駅ビルの百貨店の非常階段に隠れて服を着る事はできた。

一体なぜこんな事になったのか全くわからず、外には非常線が張られているかも知れず、このまま会社に行ってもいいのかどうかを悩むと胃が痛かった。壁に頭を叩きつけると鉄の味がして視界が暗くなった。

極めて寝覚めが悪かった。

二度寝したら毎回こんな夢を見るなら、相当な抑止力になるのに。これは何のメタファーなのだろうか。

幼虫はただ飯を喰らっていればよかった。肥え太るだけで褒められる。誰にでも出来る事なんだろうけれど。

生存競争を勝ち抜いて、そのうち幼虫は蛹となり、生き残ればやっと羽化することが出来る。

蛹と蛆を氏名に含む僕の今は何に当たるのだろう。蚊でも良いから成虫であって欲しいが、実は知らないだけで自分は抜け殻の側で、成虫はドッペルゲンガーのように無限に遠い隣町を明後日に向かって歩いているのではと思った。

数々の約束がなかなか守れません。頑張りますので許してください。

きょうはひどい雨です

せんたく物もくさい

しめり気で深こきゅうしても息苦しいので魚のえらがほしいです

でも魚になれません

きみには脳みそがなくてからっぽでただ

わけもなく生きてるのと同じだといわれました

知ってます

ぼくの頭がからっぽなのはロボトミーという手術です

でもわすれました

帰りにホワイトボートにかきました

わらわれてもまだ元気です

そこに立ってる電柱に頭、

後ろに引いて打ち付ける。

何度も。

目眩気持ちいい。

夜のベランダって真下から見たら天井明るいんだ。

ひんやりと背中にアスファルト。

目に暖かい赤。

時間が守れない。

ずっと体調が悪い。

時間があるようにても倒れていたり、優先順位が不明だったりして何もできない。

何かしなくてはならない状況に自分を追い込めば何か変わるかと思ったが、ひたすらに辛い。

飛び散ったかけらは別々の事を考えるし、各々には力もない。

新天地を見つけたつもりになったとして、少しだけ空が見える事に満足したふりをしてみたりする。

わかっている。

何度も同じ道を繰り返し歩き、同じ過ちを繰り返し、それでも結果を見なければ理解できなかった。

でもそうあった事が全てだったんじゃないか。

わかっている。愚問だけれど。

前回のは抽象的に過ぎたので、今日は具体的に書く。

二日連続ではっきりとした殺人絡みの夢を見た。

昨日は自分が絞め殺されそうになる夢だった。道を歩いていたら大きな男に因縁をつけられ、両手で頚を絞められたまま宙吊りにされ、意識不明になる。夢の中で意識が戻ったところ、地面に投げ捨てられていて左腕が有り得ない方向に曲がっていた。

今日は実家にいる夢だった。窓の外で断末魔のような悲鳴が何度も聞こえ、外を見ると中学校時代の同級生が大勢、野次馬のように何かを取り囲んでいる。見るとそこにはご老人が二人倒れていた。

頭から大量に血を流していた一人にはまだ息があり、その辺りに落ちていた大きなアスファルト舗装のかけらを誰かが掲げてみたところ血が付いていたので、これで殴ったのだろうということになった。もう一方は胴体と首から上が分離していたので素人目にも死んでいるとわかった。警察官が首を担架に失礼なやり方で載せるのを見ていると、僕自身が鈍器で殴られたのか後頭部から温かい血が飛び散り、真っ暗になって夢が終わった。

大事な古文書や、水彩の名画にマヨネーズを有り余るほど大量にぶっかけたら叱られるかもしれない。でもそれが、黒い下着や郵便ポストにマヨネーズをかける事より悪いと誰かが決めたのか。

マヨネーズ風呂を作ったからと言っても、学校のマヨネーズ畑に行ってはならないわけでもない。道を歩いていてすれ違い様にマヨネーズをかけられて嫌だったらケチャップでもかけてやればいいし、マヨネーズで綺麗に日焼けしたいなら一度試してみればいい。

マヨネーズがどれほど好きか、マヨネーズにどれほど思い入れがあるのか。そもそもマヨネーズってなんだ。

みんなもっと自分勝手に、価値観がぶつかってみてから物を考えてもいいんじゃないのかな。特に恋する時とかは。待ってる時間はもったいないし、端で見ている分にも大騒ぎになっている方が僕は楽しい。

不都合にして呟かざるを得ず、昨日寒く今日は非常に暖かく、気象病なのか目も開かず体育座る夕景、足元の絨毯に顕微鏡の眼が固定され、灰色を構成する糸屑色の混紡が赦しがたく目眩い、安い古着と無用の暖房に汗を流し、右側の掻痒と左側の鈍痛と前後の不具合に苛まれ、アルファベットと数字は与り知らぬところで優雅に奏でられ、責任をたらい回す文化は国境を越え、関わる事全てが裏目に出たように感じるからこそ、しばし湯煎に頼る可能性がある。

土曜の夜に過度に飲酒し、雪の降り積もる中バス停のベンチで寝たが、早朝目覚めて帰宅した。人生一回休みの刑?風邪なのか花粉症なのか鼻水がひどい。

日曜は食事の時間以外は完全に布団の中で、暖房もつけず猫を抱えて寝ていた。これはひどい養豚場ですね。

薄くなりつつある頭を丁字剃刀で滑らかに磨き上げ、よく噛んだチューインガムを薄く延ばして貼り付ける。しばらく待つと、それが乾いて縮むに連れ、皮膚と薄いガムの膜が合わさった何かが不規則に引き攣れ、心地良いマッサージとなる。

検察官に読み上げられた訴状の変わらぬ一文主義が訳もなく気になるのと同じように、チューインガムの単語間の連接が気になる。そんな無駄な事を考える前に、空に向かって伸びる先端の見えない梯子を駆け登れ。

闇夜の空の上から、薄く薄く延ばした甘いチューインガムをふわりと拡げ、眠る街も人も全てを覆ってしまおう。何も知らずに眠っている人は、甘いガムを噛む夢だけ見ても、きっとそのまま明日が来なくても、何一つ気付きはしない。

並べたマグロに鈎を引っかけて冷凍庫でフォークリフトを乗り回す。外に出たら、解凍した切り身に誰かまたタンポポを乗せてくれないかと思いつつ、今日も味の無くなったチューインガムを噛み続け、唾液で空腹を満たすふりをする。

自分で読み返してもなかなかひどいと思ったので新しいエントリで埋めてしまう。

縮毛矯正をやめて髪を伐採し、地毛に戻そうと思った。しかし違和感を感じ、紫に染めたりしてみた。でも三ヶ月経ってまた今日縮毛矯正した。堂々巡り。一体何がしたいのか。生活の他の部分をも象徴しているようだ。

違和感。

一枚膜を挟んだその向こうで何かが起こっているのを見ている感じ。

非現実感。

痛い辛い悲しいと喚く自分を人形劇か二人羽織で後ろから見ている感じ。

ひどい時には僕の体温はこの世には存在しないかもしれないと思う。虚数なら自乗しないと実数にならない。感じる温度が異次元に届くベクトルのこの四次元への射影だったら、残りの方角には何があるんだろう。

もういいや。

ハロー僕は四次元から来た!

xyzとtの奴隷!

レイハラカミ氏なんて今でもSC88-proだけでやってるのだから、道具のせいにするのは筋違いだ。

根本の何かが違う。

魂が弱っていると、手足の末梢や、かつて麻痺した顔の右半分には光が届かないようだ。だから、眠っている間は溶ける。

髪を切った。

仕事帰りに自画撮りしたらこんな風に写った。

亡くなった人たちは、僕らを取り巻くハロとして、そこに今でもいるんだろうか。

いつか僕もそれに混ざって、滲みながら風景に、背景に消えていくんだろうか。

もしかしたら、

かつての僕の幾分かは、

もうそっちに行ってしまっているのだろうか。

だとしたらカートが意味を馬鹿にしてハロに投げかけた言葉も無駄ではなかった。そして彼もそこにいる。

今日はとても暑かった。それこそ肌を焼くように。僕は少しだけここにもいた。

そんな事を思った昨日、6日は黙祷の日。深夜0時を過ぎても蝉は鳴く。

砂地にボロボロの筵が敷いてあり、変な色のまだらな馬が横倒しになっている。

棒を持った男が、それは病死して腐った馬だと言う。僕は殴り倒され、馬と一緒に筵に巻かれ、砂煙を上げながら引きずられてゆく。他にも多くの人が同じように引きずられてゆく。

着いた先では天井から絞首用の縄が下がっている。向こうから「同志、万歳!」と叫ぶ声が聞こえ、床が抜ける音がして一人ずつ首を括られてゆく。

もうすぐ僕の番だ。

昨日の深夜、帰りの電車に乗る六本木のホームに続く階段を下りた。
今週は寝ようとしてもほとんど眠れない夜が続いたので倒れそうに疲れていた。
目の前の空気がどちらの方向も、半透明に濁った粘っこい壁になって前に進めなくなった。
両方の二の腕の外から同じように半透明な腕が2本伸び、目の前を這いずり回る。僕は黙ってそれを眺めていた。壁に邪魔されて手は伸びず絡まっている。しばらくの後、2本の腕は僕の左胸に入り、心臓を同じく半透明にして強く握り、胸から引きずり出して壁に向かって差し出した。苦しくて一瞬息が止まり、視界が一瞬暗くなった。粘液が鼻にも口にも入ってきたように思う。
思い切り息を吸い込んで我に返ってみれば、不思議に粘液は消えて歩を進めることができた。左側の半透明の腕も消えた。やって来た地下鉄に乗る時に人を押しのけたのを最後に右側のそれも消えた。
立っているのが辛かったので吊革にぶら下がって下を向いた。電車の外では馬鹿が2人で殴り合いをしている。勝手にすればいい。

Read More »

人を殺したくなったら、行動に移す前に自分から警察に行った方がいいのだろうか。

今の体たらくを脱し、一皮剥ける必要があると感じた。
爪を立ててバリバリと剥ぐ。しかし血が出てひりひりとするだけで全く何も拭い去れた気がしない。まだ足りないのかと更に剥ぐ。何なら爪まで剥ぎ取れば良いのか。
所詮何を千切り取っても何も変わりはしないのだろう。年度が変わり、環境が変わり、周りの人の構成が変わっても、所詮は与えられた狭い自由の枠にぶつかりながら、狭い螺旋を描いて生きるのだ。

価値観の合う人と話すのは楽しい。口頭でも文字を使ってでも。
言葉を選んで遠慮して話さなくてもバックグラウンドを含めて判ってくれると思うし、多分何を話しても喧嘩にはならないだろうという安心感があるとするなら、疲れを忘れたりもできる。元々鈍かったのだが最近はそういう人と話しているとすぐに気づくようになった。
そして、あまりにも物の考え方が異なる人同士が無理やり一致させるのは時間と労力の無駄だと思う。実際には価値観が合うと判っている人のところにはすぐには飛んで行けなくて、なかなか面倒なことが解消しなかったりするのだけれど。

ベジタリアンとは、逆説的に肉食に対する欲求が他よりも強い集団だという。自らに禁制を布かなければ肉食を止める事が出来ないほどにということらしい。
この所自分に抑制をかけていることのリストを挙げてみる。
・遊びに出歩かない
・飲み会になるべく参加しない(=酒を控える)
・禁欲
・物をなるべく買わない
要は人一倍、金銭欲も食欲も性欲も強いと言うことなんだろうか。

確かにそこには安い中華料理店があって、畳の部屋で寝かせてくれる家がある。
あの頃と変わらない友人がいたりして、しかも月曜の夜から酒を飲む。
今週は木曜も飲むわけだし、まるで例会をやっていた頃みたいだ。
死んだ子の歳を数えるのは止めたつもりだったけれど、知らない間に5歳になって、まだ生きていたのかも知れない。

仕事以外に興味が薄い状態のまま毎日が過ぎていく。
仕事以外で良い事も悪い事もそれほどないからだろうか。いや、やっぱりプライベートはろくでもないことばかりだ。保証人を頼まれて向こうから断られるとか、夜寝られないくらいトラブルが起きるとか、もう別に本当にどうでもいいんだけれど。
仕事で改善すべきところは幾らでもあるし、そこ以外に興味を持たないのが正しいのかも知れない。少なくとも知識は足らない気がするし、直感で正しいことを思い出せるようにならないと今以上の戦力にはなれないだろう。でもそもそも正しいって何だ?
ライトスタッフでありたいとは思う。でもその表現は人員配置をする側から見た言い方なので、本当に実働側から見て自分が活きる場に辿り着けることとは一致しない。多分上から眺めれば駒の一つがある程度すわりが悪くても気にしなくてもよいのだろう。
いい加減自分探しみたいなことは止めにしないか。
見苦しい。

思っていることをしっかり抽象化してから話すから、初めから何も伝わるはずがない。
言葉にした時点で誤解の余地が入るわけだし、そこからして理解、という言葉と矛盾している。
結論を作って肯定してもらうために、一連の説を述べて了承される。
自分を弁えた態度で話をする、というのはそういうことなんだろうと思う。
ありのままの自分を投げかける機会というのはそうあるものでもない。投げかけられる相手の負担も考えて、ギブアンドテイクの材料を用意することも必要だ。もしかするともう二度とないのかも知れないけれど。
甘えすぎの傾向がある自分を戒めて、誰かが何かを投げつけてくれるのを待っている。何も飛んでくる気配がないのは、そんなにキャパが小さいように見られているためだろうか。それとも単に下心が見透かされているだけなんだろうか。痛々しい。

最近どこを歩いていても下水の臭いがする。
きっと僕の口臭なのだと思い、何度もイソジンで嗽をする。
喉を切り取って洗えればいいのに。
刃物を探してもない。ツナ缶の蓋を空けて切る。
すっきりとした空気。これを吸うのは何年ぶりだろう。
そのまま眠ってしまえればいいのに。
僕がどこにも行かないとして、横には白血病の少女が寝てるとして、あとは一緒に焼いてもらった灰をあの海に撒いてもらえればそれで幸せなんじゃないのかな。

自転車を見つめて、どうしても走りそうにないように思えて悩む。
鶏肉を買おうとして、しばらく見つめているととても食えそうに思えなくて逃げる。
自分の顔を鏡に映して眺める。どうしてもこんなのが自分ではないように思える。
ちょっと駄目なのかもしれない。

僕より10歳ほど若い彼の行動を見て、今更ながら自分が昔取っていた行動が周りに与えていた痛さを思い知る。
でも今だって、本質的に何が変わったと言えるのだろうか。僕は誰かに相手にされたがっていて、何かと評価されたがっている。
部屋に入ったらその瞬間から違いを感じさせられるようにでもならなければ、きっと何も変わりはしない。そうなるまでは、やはり走り続けるしかないのだろう。きっと。

半分忘れたはずの顔をたまに思い出す時もある。
そんな時には微笑んでくれていたことと、ただ楽しかったことしか思い出せない。
どうして一緒にいた頃、もっと仲良く出来なかったんだろうね。
僕らは何年か同じ方向を見て過ごしてきて、そしていつの間にかお互いの姿が見えなくなった。僕らはとても目が悪くて、周りに描かれた小さな円の外は見えないんだと思う。遠くから走ってきて、たまたまぶつかってくっついたり、そのまま突き抜けてったり。似たような方向に歩きながら出会ったら、しばらく並んで歩いてみたり。まだその辺にいるのかも知れないんだよね。たまに光の射すほうを横切ったら、何か違和感を覚えるのかもしれない。でもきっと気のせいなんだと思う。
何度眠っても三つ数えたら目が覚める。昨日の夢で添い寝していてくれたのは誰だったのかな。暖かい毛布が欲しい。多分、今はもうそれだけで幸せなんだと思う。

ドーピング。
薬が効いている時は楽なのだけれど、切れたときの脱力感がすごい。
眠くもなるしこれで本当に仕事ができるのか。
喉が渇いているからといって、海水を飲んでいても、もっと水が欲しくなるだけだ。
明日は納品、今日も徹夜か。
もうだめだろう。誰が見ても何の成果も出せそうにない。もうだめだ。

君が殺伐を食って生きる夢魔の体現なら
僕は横目でそれを眺めて眠らない夜を過ごしたい

身体が半分腐って紫色の浮腫になり、しかも下痢便を脱糞している老婆の死体と性交している夢を見た。

勝ち組みになれなくてもいいから、これ以上負けないで済む方法を教えて欲しい。
まずはどこからやり直せばいいんだ。

Get Adobe Flash player