Skip navigation

Tag Archives: ウェブログ

流行っているのでやってみた。
http://mote.oppo.jp/
辛口だと評判なのに意外なほどの高評価。ふーん。

時間がなくて全然ちゃんとしたエントリーが書けないので、一旦手持ちのバトンを整理しようと思う。後日書きます。
・青春(学校)バトン
・思いでバトン
・恋愛バトン
・フェチバトン
他、なんだっけ?
抜けてたら教えてください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050919-00000501-yom-soci&kz=soci
確かにあの辺を歩いていると、怪しげな外国人に「すごいタバコあるよ、1本3000円」とか声をかけられることがある。多分金さえあれば簡単に手に入るんだろう。この子は死ぬほど吸うために一体幾ら使ったのか。

くまぐったり中
自宅の3部屋中一部屋にしか冷房がないので朝から汗だく。
リンク先のページに映ってる白熊みたいな気分。

みなこ女史からろくでもないバトンを頂く。こんなもんおっさんに回しても面白くもないだろうに、と言うのはさて置き、回した本人は何かを知りたいのかも知れないので答えてみます。
■初恋はいつ?
子供の頃から惚れっぽかったけど、今使うのと同じ意味で恋し始めたのは12歳くらいだったかと思う。
■初恋の人はどんな人?
小さくて可愛らしい感じで、性格は控えめだけど元気だったような気がする。ちょっとやんちゃな方で、テンぱるとぶっ壊れる辺りがまた楽しかった。二十歳を過ぎて同窓会で会った時にすごい美人になっててびっくりした記憶がある。
■初キッスは?
ほっぺにちゅーとかは幼稚園。そうじゃないのは15歳。
■初エッチは?
16歳? 何に操を立てていたのか知らないけど、付き合いだして1年ほど拒んでみた。
■初エッチはどこで?
彼女の実家の部屋。洗濯物持って彼女の母親が突入して来て大変なことに。
■初めて付き合った人は年上?年下?同年?
同年齢だけれど、精神年齢は自分の方がずっと子供。
■初めて飛行機に乗ったのは?
これは単に初めてつながり? 大学1年の冬に沖縄行った時。
■初めて携帯を持ったのは?
96年、大学2年目でPHS持ったのが最初だったような気がする。時期の詳細は不明。
■初告白したのはいつ?した人はなんて言った?
24歳。「びっくりした。あたしでいいん? うん、でも、すごい嬉しい、ありがとう」
喜んでくれて、その後泣いて、その後また笑っていた。
■初告白されたのはいつ?なんて言われた?
15歳の秋か冬。「ずっと一緒にいてくれる?」
岡山から京都に連れて行って、何年か一緒に住んで、5年半は頑張った。
でも子供の頃の約束は、結局子供の世界での決め事だったんだと今は思う。
■初デートは何処に行った?
そんな10何年も前の話はほとんど覚えてない。自転車で田舎の何もない田んぼ道をずっと走り回ってた記憶はある。付き合いだして最初の頃は学校の近くのタイヤキとかたこ焼きの屋台によく言ってたから、その屋台なのかも知れない。タイヤキ70円、たこ焼き200円。
■初めてバレンタインの日にチョコあげたのはいつ?  また貰ったのはいつ?
20年位前、幼稚園の時に15歳上の従姉から、すごく高そうなレリーフチョコをもらった。
■バトンを回す5人
なんだかこれを回して面白いこと書いてくれそうなネタを持ってる人を思いつかないのですが。もう少し質問が面白ければいいのに。なので、これから回す人は「初体験」が自分の「何」に対する初めての体験かは気にせずに、できるだけ突拍子もないことを書いてください。あと、こんなものを回しやがってこの変態野郎、みたいな罵詈雑言を尽くしていただいても構いません。
-ぴょん拓氏: あなたならきっと僕の期待に沿うフェティッシュな回答をしてくれるのでは、と考えています。
-ToMoCoさん: 一応許可もらいましたので……。しかし、これほど突っ込みどころに困るのも珍しいと思います。何か面白くなる設問思いついたら教えてください。
-ウツンさん: あの御大に日頃特訓されているので、この程度のおいたは物の数に入らないのではないかと思いまして。
-みにらさん: (ここを見られているかどうかわかりませんが) きっとこんなものを回している愚鈍な僕を教育し、あるいはそのダメさ加減を叱ってくれるのではないかと思ったのです。僕の中では言葉の持つ力を識るオーソリティなので、良いセクハラと悪いセクハラについて今度教えてください。
5人目悩んでます。これ見てぜひ書かせろと思われた方、あらん限りの思いを託して書きまくってやってください。
疲れた。

末座氏からありがたくも、今度は漫画バトン を頂戴した。色々考える人はいるものだ。
世の中そんなにコミュニケーション不全が蔓延っているのだろうか。
時間が無いので適当に。
■Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
本棚に50冊。ダンボールに70冊くらい。でも最近全然読んでない。
■Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
最近連載を追っていないので、今、と言われて思いつくものがない。
ちょっと前なら、仏像と戦ってた頃の GANTZ/奥浩哉。意味不明の殺伐が21世紀の退廃という感じでよかった。
■The last comic I bought (最後に買った漫画)
単行本なら、再発版の 扉をコジ開けて/ZERRY藤尾。18禁。
■Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
凄く定番になってしまうけれど、ベタな話を好んでいるようで。漫画を読む時にあまり頭を使いたくないらしく。
ジョジョの奇妙な冒険/荒木飛呂彦 : 定番中の定番。少年時代から大人になっていく中で、ああいった決め台詞が言えるだけの覚悟とバックボーンを持った人間になれればと思ったこともある。今、こういう漫画はもう出てこないんだろうな。
寄生獣/岩明均 : 高校生の頃に初めて読んで、日本の商業誌ベースでこれが商売になるんだな、と思って少し安心した覚えがある。青かった僕は少なからず例の台詞回しに感動してしまっていた。
りびんぐゲーム/星里もちる : 10代で同棲していた頃に共感して買い集め、7歳年下の彼女と付き合っていた時に読み返して今更ながら含蓄のあることよと思った。そして今関東で2DKに住んでいる自分が主人公の年齢を超えていることを考えるとさらに感慨深くどうしようもない。
恋風/吉田基已 : ダメ人間と年下の女の子、という組み合わせが好きなんだろうと思う。ちょうど新連載でリメイクが始まった「水と銀」も同じ理由で好き。
プリティサイズ/井ノ本リカ子 : 自分はエロ漫画読みなんだなあと言う認識を決定付けたうちの一つ。真面目かつ押しに弱い子、と言うのが琴線なんだろうか。
■Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す5名)
先日無理やり渡してペナルティ1を付けられてしまったので、今回はここで一回止めさせてもらおうかと思う。これを読まれている方で書きたい方はどうぞ。

末座 氏からのバトン。
ていうか本当に、俺にネット友達いないの知ってるでしょう?
ここを読んでる誰かとか、会社関係とか、なりふり構わず回しますが。
今日は6日連続飲みの直後なので、ハイテンション。
(1)Total volume of music files on my computer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
391MB (117曲)
ほとんど友達からIMやSNSで経由でもらったデモ音源と、自分の音。CDを取り込んでPCで音楽を聴くという習慣がほぼ無いのです。頭の中で新しく作りたい曲が鳴ることが多いので、改めてそういった作業をすることが無い。自宅には古き善きオーディオセットしかありません。
(2)Song playing right now(今聞いている曲)
ぶっちゃけ、京美人の「部屋」 なわけですが、今のところこれじゃ身内しかわからないと思うので、、、、市販の曲で一番最近に聞いたのはこれまた駄目だ。Slipknot/PEOPLE=SHIT。最近疲れてるし自分の至らなさにムカついているのでこんなのばっかり。
(3)The last CD I bought(最後に買ったCD)
なんだっけ?全然新譜でもないけれど、dirty karat/rosso か civil war/matmos のどっちか。多分2 枚同時に買った。rossoのは例によってバカ正直なロックンロールで今の気分に近いのかも知れない。1000のタンバリンみたいな終わった世界で叫ぶ歌は好きだ。matmos の方は硬くて恐ろしい整形手術のサンプル盤だった前作に惹かれて買ったら意外と普通で残念な気がした。曲はギミックが少なく美しかったけれど。
(4)Five songs (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く,または特別な思い入れのある5曲)
・Hyperballad/bjork: この曲を知っている人なら、この曲が持つ意味くらいはわかるはずだと信じている。
・Yellow raven/Scorpions: 悲しくて救いようがないけれど、何故か10年以上好きな曲。ドイツ泣きとしての師匠的な存在。
・Trash/Korn: 同じく救いようが無いが美しい曲。もう駄目なんだろうと思っても、彼より前向きな自分にはまだ救われる道があるのかも知れないと思う。誰かが言っていたpositive forward よりも、後ずさりしないことの方が重要だ。
・Hordes of Locusts/Joe Satriani: ギター弾き、作曲者としての自分の方向性に大きな影響を与えた曲。この曲に出会わなかったら今の自分のコード感はなかったかも知れない。
・自分のバンドの作品・ネットに載せている曲の一部。too blue, no future. recovery, 粉雪, bye bye blue bird, folded wings, 人殺し, leaves, ツバサは無くて、他、だいたいの曲は全部特別な意味を持っている。一つ選ぶなら Too Blue。思い入れの強さでは他には負けない。
(5)Five people to whom I’m passing the baton(バトンを渡す5名)
5名も選べるかよ!というのはさて置き。
・okatch: これ見ててまだ廻ってなかったら是非。音楽的には僕の中では現人神に近い。
・ねね: 僕のことを過大評価する人。貴方は自分の存在を過小評価している。一度音楽談義をしてみたいのですが、お互い生きてまた会えればいいな。
・fujiくん: 見てる?世界で稀に見る不思議なグルーヴを醸し出す貴方の率直な意見が聞いてみたい。
・みなこ: 生きてる?最近全然連絡取れなくてごめんなさい。午前3時なら一応たまにはメッセくらいは出来るかも。身体早く直してライブに備えてください。
・MIKIさん: お忙しいとは思いますが、突然回してみたりしてすみません。mixi経由で、もしご覧になってたらよろしくお願いします。一応吹奏楽つながりと言うことで。
以上です。各方面の方々、よろしくお願いします。

昨日に引き続き検索で発見。
「ジョジョ」で検索

「ジョジョ」で検索+表記のゆれをON
→「JoJo」もヒットしている!
地味にこんなところが強化されているらしい。

久しぶりにブログらしいブログを書いてみる。

昨日公開の新検索。とは言うものの本家 yahoo.com ではかなり以前からメインサーチを担っていたものの日本版。今の状態を見れば誰がどう考えても google に似すぎている、あるいは劣化コピーと言われても仕方のない部分も多い。しかし考えてみれば、先行した選手を超えるには、まず同じスタートラインに立ってみることも必要なのだ。
もっともここで立ち止まるならそれまでの存在だろう。今はβ版と言うことでもあり、これから何か面白いことを実現できるプラットフォームになるのではないか、今よりも面白い何らかの体験が出来るのではないかと、少なくとも僕自身は両面の意味で意味でそれを信じてみる。

池田小学校事件宅間死刑囚に刑の執行さる
さっさと死刑にしろと言っている人間に刑を執行するのは寧ろ刑の意義に反する気がする。
そういう輩こそ、どうしようもない状態で拘禁して生き長らえさせるべきとすら思うが。
とは言え、僕はこんな世の中から労せず逃げ出せた彼が羨ましいだけで、別に制度はどうでもいい。望んでも逃げてはならない状況もある。意思に反してしなくてはならないことはたくさんある。
次に寝たら二度と目が覚めなければ楽なのにと本当に思う。一ヶ月前、路上で行き倒れた時に殺されてでもいれば、どんなにか楽だったろうに。

okatch が言及しているのを見て驚愕。
愚かなことはやめてくれ。
今まで大手の外資系レコード店等で色々と興味深い海外のマイナーなアーティストを知ってきたわけだが、これからは自分で海外サイトを彷徨って、自分の琴線に触れる音を探さなければならなくなるのか。おそらくは店員の個人的趣味と思われるオススメ輸入版コーナーみたいな物がある店は多いが、担当者の趣味と僕の趣味が合っていたら、自分の時間を費やさずとも、音楽的発見を新たにするようなとてつもない音に出逢える可能性が高かったのだ。しかし、今後レコード店での販売が禁止されれば、そのチャンネルはなくなる。
ウェブの形で情報を発信していないアーティストは、僕はこれからどうやって知ればよいのだ。そういう趣味の人間は UK インディーの雑誌でも個人輸入すればいいと言うことなのだろうか。僕はどちらかと言うと売れ線の曲よりも、音楽の新たな解釈をしている人の曲に興味がある。そういった趣味の人は、最近は決して少なくはないと思うのだけれど。
こう言った妙な改悪を重ねると、法案の意図とは逆に、ますます国際競争力を弱めることにしかなり得ないだろう。この手の思想は、文化の多様性を政治的意図でねじ伏せることに繋がりかねず恐ろしい。
海外盤CD輸入禁止に反対するホームページ
http://sound.jp/stop-rev-crlaw/
海外盤CD輸入禁止に反対するBLOG
http://blog.goo.ne.jp/stop-rev-crlaw/

会社バレ、という言葉で悩む必要がない僕は恵まれているのかも知れない。
少なくとも入社前から自分のサイトは会社バレしているし、あろうことか初対面のお客さんにまでサイトが知られていることがある。他にも、メーリングリストに本名で投稿しまくっているのでそちら経由で知られていたこともある。
さすがに、繁忙期に MIDI サイトの更新をかけることはないけれど、それも会社バレ云々ではなくて、単に気力がないからだ。住民税の特別徴収額が変わるので、MIDI サイトや音楽作成関連で僕が副収入を上げていることは会社も知っている。特に文句を言われたことはないので、今年はもう少し大々的にやるつもりだ。
ここで書きなぐっている文句は常々社内会議や稟議に上げていることでもあるし、僕が週 4日ほど徹夜しているのは全員が知っている。
他にも親バレ、彼女バレ、などのいわゆる**バレがあるみたいだけれど、僕はどちらも既に通過済だ。大学留年中にサイトを閉じろという親の勧告は耳が痛かったけれど、それを仕事にするつもりだったので無視してしまった。
今、バレて困る相手は誰だろう。全て開けっぴろげというのも、何だか少し寂しい。

API をよく確かめもせず適当にいじくりまわしていたら MovableType のあちらこちらの機能が壊れ、結局そのまま放置したままになってしまっていた。CVS の repository が入ったマシンが故障したせいもあって、結局元ソースから入れなおすはめになった。久々にまともにトラックバックが通るようになった。
何が原因でおかしくなっていたのかは結局わからなかったけど、今はそんなことを考えている時間がないので、問題は先送り。

どんなエンコードで Ping を打たれても文字化けしないよう、独自でトラックバックの改造を進めていたところ、何をどうしても正常に Ping できない状態に陥った。
そろそろ MovableType 自体の再インストールをしたほうがよさそうだ。

FLASHのサイトなどもう全く珍しくもないけれど、数多の凡作の中でも完全に異彩を放っている人たちがいる。きっと絵のうまさや音の綺麗さなどよりも、彼等の目からはこの世界の見え方が違うのだ。
[samorost]
チェコのデザイナー Jakub Dvorsky の作品。矢印の方向に主人公を連れて行く形式のちょっとしたゲームになっている。柔らかく落ち着く音楽と、脱力を誘うような世界観。退廃の極みのようでいて美しい映像。何でそうなるんだと言うアクションの連発なので最後まで行ければそれなりの達成感が得られる。
この人の作る世界観は結構好きだけれど、事務所のサイト内のギャラリーにある食材をクリックすると電波が出る作品で bjork の vespertine からの引用が非常に多かったのはちょっと残念だった。
[FLASHBACK]
チリ生まれ、スウェーデン在住のクリエイター、Danny Gomez の作品。FLASH 内でも使用されている SHPONGLE のジャケットを作ったりしている人のようだ。絶対ジャンキーに違いないと思わせるようなセンスだけれど、後半の曼荼羅みたいな部分を見ているとなぜか落ち着いてくるので繰り返し見てしまう。何と言うか、旧皮質に働きかけてくる色合いだと思う。
僕も人にこのくらいの衝撃を与えられる曲を作ってみたいものだと思う。

僕は恋愛ジャンキーだと思う。
どちらかと言うと人間関係にポエティックなものを求め、この歳の男性なら当然持っているであろう、利害関係を主眼に据えた冷静な視点に立つことが難しい。
ちょうど後輩のサイトの掲示板で紹介されていた、男性度・女性度を測るテストをやってみた。
心理テスト(Female or Male Brain?)
思考パターンが男性的か女性的かを測るテスト。 0 ~ 150 点が男脳、150 ~ 180 点はオーバーラップ、180 ~ 300 点が女脳というテストで、僕の結果は 180 点。オーバーラップと女脳の境目だそうだ。
心理テスト(About Female or Male Attitude BSRI)
正確が男性的か女性的かを測るテスト。最低 1 ~ 最高 7 の指数で、女性度 6.4、男性度 4.9 の両性具有型との事。
やはりやや女性的であるとの結果が出た。別に男性を強く主張したいわけではないけれど、自分では恋愛に関する部分を除けば結構野郎臭にまみれていると思っていたので少し意外。

仕事中にマシンの調子が悪いからといって、こんな FLASH で 1000 回以上もクリックしてしまう僕自身も頭の調子がどうかしていると思う。

現代人の精神はITで弱るか

okatch氏から中毒気味という言葉が出たのが僕的に少々衝撃的で、本題とは関係ないところで触発されてしまった。

「車を手に入れて足腰が弱るようなものだろうか」

このハサン氏の意見は言い得て妙だと思う。okatch氏の言うとおり、他者の生活に深く介入せずとも緩やかに繋がることが可能になった。そしてそれはとても僕らにとって楽なことだった。「弱る」という言葉を使うなら、普及すればするほど、僕の IT に関する感動は大いに弱っていったのだと思う。ただ、単にある変化に対して慣れた、という観点では何も本質は変わっていない。

やや一般論にすりかえてみると、自動車に限らず、電気・水道・ガス等のライフラインにしても、地球上のスパンで考えれば極めて限られた地域の都市生活者がそれを生活必需品であると認識しているに過ぎない。好もうと好まざると、一度ある便利な物が存在する生活を知った者にとってはもはやそれこそが日常なのだ。不便だった頃の生活のディテールは簡単に忘れることができる。

人はいつでも自分がより楽な環境に流れるものだと思う。ある時は肉体的や物質的な負担を減らすため、ある時は自らや身の回りの誰かの心を傷つけない為に。その目的を実現する何らかの手軽な手段を手に入れてしまったら、遠からずそれは生活の一部に組み込まれる。それが存在しなかった時代にも人は当然生活していたはずなのに、ある時気が付くとそれ無しの生活が困難になるといったことが起きる。

もちろん、止むを得ない事情がある場合には元の生活に戻ることは可能である。ある日突然依存の対象を永遠に失ってしまったとしても、ほとんどの人は相応の時間をかければ変化した状況に慣れることが出来る。もちろん楽な方向に流れるのとは異なり、それ相応のエネルギーや対価は必要だろうけれど、長い時間をかければほとんど忘れることすら出来るかもしれない。例えば、先日は牛丼がなくなると言って大騒ぎになっていたが、多分一ヶ月も経てば話題にも上らなくなる。

有体の意見だが、慣れること、そして忘れることは人間の最大の強みでもあり弱みでもあると常々思っている。車に乗って足腰が弱るとしても誰もが車を購入するように、誰もが IT の存在を自然に感じて時には中毒になる程に、言い換えればそれだけ慣れさせることが出来る程に IT と呼ばれるものを普及させたことは業界にとって大成功だった。が、当然これからは成熟業種の例に漏れず、慣れの壁を打破するような強烈なインパクトが必要になってくる。一般コンシューマを新たな概念で開拓するという、旧来の業種ではもはやなし得なかったことが出来るのではないかと考え、僕はこの業界に飛び込んだわけだが、もはやそれは幻想だろうということを今さら改めて認識した。

後悔しても仕方がないので、とりあえずは blog が今年の終わりに普及しているくらいのレベルでその次の次に普及する物を予想して、それに参加できるような立ち位置に届くよう努力したい。

巷で噂のデータでわかる辛口性格診断に挑戦してみた。

あなたはもろ「いい人」! 「まじめな良い子」タイプです。もしかして、このエゴグラムの質問も1問1問真剣に考えてすごく時間かかりませんでしたか?あなたは、人から何かを頼まれると「いや」とは言えずに自分を犠牲にして人に尽くすお人よしです。陰日なたなく、人の批判や悪口などをいうこともありません。人よりも楽をしてもけようなどは言語道断。コツコツと地道な努力家といえますね。親という立場ならば、みな口を揃えて、あなたのような子供が欲しいと思うことでしょう。ひとつ、欠点をあげるならば、周囲に流されがちで的確な状況判断が弱いことです。周りに気を使いすぎて疲れていませんか?今一番大切なことは何か、優先順位をつける努力が必要です。一度にたくさんの悩みを抱えてどれもこれもどーしよう!!なんて状況になったらうまく気分転換しないと、抑うつや心気症などになりやすい危険性を持っています。神経的にまいってくると胃腸にでてしまうのもこのタイプの傾向としてみられます。

エゴグラムでは CACBA。自分ではそんなに真面目な人間だとは思っていないけれど、仕事で周りに流されているのは本当なのでまあ当たっているのかもしれない。

【仕事】
あなたは、仕事に関する業務知識を習得しようと努力し、常に新しいことにチャレンジしたいという向上心が強い人です。このままいけば、今の会社で確実にステップアップしていけるはず。
でも、会社に気を使うあまり、プライベートを犠牲にしてしまうことも多いようです。無理をして身体を壊したり、恋人や家族をないがしろにすることがないように、気をつけてくださいね。あなたは会社のロボットじゃないんですから。たまには「いい子」をやめて、肩の力を抜いてみましょう。

これなどまさにその通り。状況証拠がここまで固められた場合、そろそろ行動に移すべきなのかも知れない。

辞めると口にすると、いつも 「で、君は辞めて何を得るわけ?」 と返されてしまうけれど、これ以上大切なものを失わないうちに手を引くのが賢い者のすることだと思う。

末座氏が功徳日記からトラックバックを打って来られていた。

その際に問題点が 2 点。

  1. 通知メールが化けていた。
    • このサイトは UTF-8 エンコードである。
    • 使用しているレンタルサーバに Jcode.pm がインストールされていない為、変換できず化ける。
    • インストール依頼済。
  2. トラックバックの内容がデータベースにすら記録されていない。
    • このサイトはバックエンドに postgreSQL (UTF-8) を使用している。
    • 例えば、DBD::Pg ドライバのバージョンが合っていないのだろうか。
    • mysql に変えてみるのもありか。

結局今までの所、純正 MovableType のサイトからのみしかトラックバックを受け付けられていない模様。まあ、末座氏のところもトラックバックが化けまくりだったりするので、痛み分けということで。

今日納品予定の物件の目処が何とか立った。これなら今夜には完成して、今夜からは例のデスマーチ物件に取り掛かれる。て言うか、もう手遅れか。
そうだ、逃避しよう。
メル友がドムでした…十九機目 より。ちなみにリンク先のスレッドの内容とは全く関係なし。

まずキーボードの「Q」のところに右手の中指、
そして「A」のところに右手の人差し指をおいて、
その指をガーーって右にスライドさせると、かなりの確率で「ふじこ」が登場!!

結果。 「くぁswでfrgtyふじこlp;@:」
こういうネタを発見する人は普段何を考えてパソコンをいじっているのだろう。

功徳日記(2004-02-07) で触れられている

> コメントを読むのにリンクをたどる必要がある
> (tDiaryみたいに、文章本体にそのまま表示される方が使いやすい)

という所は素直に納得できます。全くその通りです。

まあ、自分でテンプレートを書き直したりプラグインを入れたりしてそういう仕様にするのはそう難しいことではないですが、デフォルトのテンプレートではその機能を実装していないのでプログラムをいじった事のない人には厳しいでしょうね。

さて、先日の Darknoise の件もあり、色々な blog からトラックバックされる光栄にあずかっているようですが、なぜだか判らないのですが、 livedoor blog 内から打たれた Trackback のみ、一時期掲載されるもののなぜかその後データ自体が消えてしまっているようです。

livedoor の方、申し訳ありません。

境界例と自己愛の障害からの回復
どうしようもなく多忙なはずなのに熟読してしまう。未完なのが非常に惜しい。
類は友を呼ぶというわけでもないだろうが、何故か僕の身の回りには境界型人格障碍を持つ人や、その気質の人が多い。僕自身、今はそうでもないが以前はかなりその傾向にあった。
上の記事を読んでいて納得することや、初めてその現象の意味を知ることもままある。
これを僕や彼らで回覧すれば、少しは心安らかな生活が戻ってくるかもしれない。
きっと僕らにはもっと努力が必要なのだ。

周囲でトラックバックが頻発されるようになっているので、自分のサイトの何が問題なのかテスト中。サーバ側に Jcode.pm が用意されてないだけという落ちかも。

Read More »

電話の多い一日だった。
鬱病認知尺度チェックを試してみる。
「自分の仕事(勉強)がうまくいってる時に限って邪魔をする人が現れたり、トラブルが起きる」と思うのは精神障害を誘発しやすい考え方のようだ。
でも、内勤の会社員なら皆それは思うんじゃないだろうか。

Read More »

各方面で話題になっているアンドロイド命名 CGI に “xanagi” を入力してみた。
eXperimental Android Normally for Assassination and Galactic Infiltration

暗殺および銀河への潜入を通常業務とする実験的アンドロイド
他の方々に輪をかけて凶悪だ。
まだ実験段階なので、騒乱罪で逮捕しないようお願いします 😉

Read More »

早速編集者の一人となり、OB会ページに寄稿してきました。
果たして 2 つの blog を管理し続けられる話題がいつまで持つのか。
まあ、こっちは日々の日記みたいなもんなので何とかなるけれど、最近音楽に触れる機会が少ないから、なかなか努力が必要かも知れない。

出身高校の吹奏楽部の OB 会サイトが立ち上がった。
最近この手のサイトを xoops や Wiki よりも MovableType で立ち上げる動きが多い気がする。普通のコミュニティポータルよりも、コメントやトラックバックの機能を持つ MovableType の方がコミュニケーションの宛先が明確になるからかもしれない。
それにしても、もう少し早くから触っていれば何かと力になれたことが増えただろうと思う、絶妙なタイミング。

Read More »

メールボックスを開くとトラックバック通知が来ていました。
初トラックバック!! と喜んだのも束の間、どうも CGI を改造したのが原因で、トラックバックを正しく受信できていないようです。何だか申し訳ない気分。
何が原因で記録できていないかを探るコードを書いたので、今後とも色々なところからトラックバックを送信して頂けると助かります。まずは、トラックバックされるような興味深いエントリーが必要かも。

実際に使い始めて変わった事、気づいたこと。
思っていたよりも、この程度の文章を書く時間 (5分単位) ならいつでも取れるということ。
だったらそれで普段からメールの返事とかも書けって話になるけれど。
曜日の感覚が復活した。
週7日、昼夜関係なく在宅で仕事をしていたら全く曜日の感覚がなくなってしまい、最近ゴミ出しの日を間違えたりしていたけれど、左上を見ればいつでもカレンダーがあるので。
書き込み時刻でいつ徹夜したか思い出せる。スケジューリングに役立つかも。

Get Adobe Flash player