Skip navigation

Tag Archives: 業務

始発で帰宅。
これから荷造りをして出張。
米国西海岸にて、あるサミットに出席。
日々学びの場が提供されるのは幸せなことである。

元旦から史上稀に見る事故発生。自分自身は風邪で寝ていて終わるまで気づかなかった。ポケットに入れた携帯にメール400通と着信35回あったのに気づかないというのは、いかがなものだろうか。
夕方、後始末だけやらせてもらった。格好つけて抱負を語っても結局こうなってしまうのかと思った年明け。

自分に払われる単価が安いと感じて、大量の業務を引き受けたとする。
それが人より短い時間でこなせるなら良いが、残業をしてやっと片付けられている状況だと、却って能力が低いとみなされはしないか。
29歳理系国立大学部卒男性と言う条件で一部上場企業平均からの年収偏差値を調べたら、33.4 だった。会社四季報に載っている平均で計算すると65程度の偏差値だから、僕に対する人事の評価が言わずと知れる。

2日連続タクシー帰り。
経費のかかり過ぎる社員。
そりゃ、たまには自腹も切るが。

金曜日の仕込みが上々だったようでこの週末は目立ったトラブルはなく、土曜の夜は大学の同期のユニットのライブを見に行く程の余裕もあった。
でもやはり何かは起きるようで、日曜の夜25時にサーバダウンの連絡、復旧が終わって状況報告を書いて関連部署に連絡メールを出したら27時=午前3時。また月曜日から眠いという悪循環。

土曜日朝3時半にタクシーで帰ったがクレジットカードが使えず現金で払う羽目になり、起きたら20時半で出社できず。
しかしそんな夜もトラブルは発生し、23時半から26時にかけて自宅で仕事。
次の日も起きたら16時になってしまいそれから出社して例のごとくトラブル対応し、26時に退社。
翌朝は8時半に出社し、さっき24時に帰宅。
悲しい電話を受けたけれどでもそれも仕方のないことだし、現に手を伸ばしても今すぐつかめるわけでもないし、世間が休みで楽しそうだったのは窓の外の話で、僕は雨も降らず同じ温度の部屋で砂を積み上げ続けるばかりで。
きっと砂の塔を固めるのはとても難しいことなんだけれど、僕はその方法を知っているのか知らないのか自分でわからないまま塔を高く保とうとしている。義務を果たす前には権利を謳う資格はないし、責任を果たせていない自分のことなんて今はどうでも良い。
期限内に求められたクオリティで義務を果たすことすら出来ない自分が嫌い。向上心はあるはずなのだから、もっと自分を鍛え、いじめ抜いて能力を叩き上げることが必要だと感じる。

土曜日20時出社、日曜日16時半退社。
日曜日22時出社に若干遅刻。月曜日25時退社。
火曜日14時出社。会社泊にて一睡もせず。
水曜日そのまま業務。午前5時半に若干片付き、今帰宅。
風呂だけ入って着替え、木曜9時にはまた出社。
それなりに寝なくてももつことがわかる。

三連休を全部使えると当てにしていたけれど、初日に深夜に病院に急行する羽目になり全部予定が狂った。もう少し身体が強くないと本当に駄目だ。一応無駄な努力はしてみるけれど、これでさらに悪化する結果にならなければ良いんだが。タイムリミットは近い。

多分これから10月頭までが仕事の面では今年の正念場なのだろう。
明日の午後4時までにやらなければならないこと、翌日中にやらなければならないこと、いずれもクリティカルな締め切りを持ち、しかもそれをやらなければ周囲に著しく迷惑がかかる。
頼むから何もこれ以上降って来るな。徹夜しても食い切れない。

今週2回会社に泊まって、1回休出して、1回倒れて午前半休。何て能率が悪いんだ。この程度なら、普通の人なら毎日平均的に時間を割り振って適当にやっていけるんじゃないのかな。好きな飲み会も断り続け、とにかく働いてないと許されない、という気分。
確かに仕事は滞っている。紛れもなく。これは単に要領が悪いのか、もはや自分のこなせる仕事の容量(キャパ)を超えてしまっているのか。以前はもう少し手際よく、かつ無尽蔵な体力でオーバードライブ出来たと思うんだけれど、もう歳なんだろうか。

9月に入って2日代休の後2連続遅刻。明日こそはまともに出勤しよう。
0時14分職場発の電車に乗って帰って、ちょっと片づけをするともうこの時間。期末進行は毎回こうだ。もう少し線表通りに作業できないものか。

収入の話をされると毎年耳が痛いけれど、食うに困らず暮らせているし、酒を減らせばすぐに貯金もできるのだ。定年を過ぎて生きている自分の姿は想像できないけれど、少しくらい将来のことも考えた方がいいように思う。
人一倍劣等感が強いので、どの方面でも誰よりも優れていないと自分を認めるわけにはゆかない。しかし実際には誰にも何も敵ってすらいなくて自分でやる気を削いでしまっている。
新たな知識を得たり、初めての経験が出来たり、自分の伸び代を評価してもらえる機会があることは幸せなことだ。走って行く先が見えなくとも、足元に地面があるのは幸せなことだ。
たまには積極的に人に評価されるための努力をしてみようと思う。いわゆる型にはまり、同じ規格の中でどれほど優秀であるかを競ってみるのも悪くないのではないか。既存の概念を超えた発展は、いつも既存の概念を完全に網羅した末に生まれるものだし、出口がないという言葉は、全ての外壁を破る努力の後に口にすべきものだ。
来週は米国。

どこの会社に行っても締め切り前後は忙しい。自分が要領が悪いのか、アクシデントが多発したからかは知らないけれど、夜10時にすぐ直るかと頼まれた仕事があったりして、初の深夜作業になった。結局ちゃんとは終わらなくて5月2日に続きの作業をすることになってしまったけれど。
けやき坂あたりのベンチで東京タワーの向こうに昇る朝日を見ながらぼんやり考える。
やる気はあるんだけれど、こんなことを繰り返していたらどこに行っても成功しないんだろうな。要領が悪すぎる。

2月に会社で受けた TOEIC の結果が帰ってきた。スコア695。
微妙な点数だ。前に受けた8年前と比べると50点近く落ちているので気分は良くない。
会社では、次の TOEIC までに英会話学校に通って 50 点以上成績が上がればスクール代の補助が出る。かといって、次に確実に50点以上上積みできると言える点数でもない。
実際毎日英語を読んだり、週2回英語会議があったりという暮らしなんだから、800くらいはないと実用上ダメなんだろうけれど。そんなことはわかってるのに今日も無駄なものを3000円分買って、騙されて散財。いい加減にしなければ。

水・木・金と仕事で失敗ばかり。
鬱期は何をやっても時間がかかるばかりで生産的なことに手が付かない。
今期の目標が達成できるのか出来ないのかとか来週発表する資料のレジュメ作らなきゃだとか、あああ。
3年越しに引き受けてた例の件も22日までに仕上げなければならないし、どうにかならないものか。
春が来て新しい季節になって、周りの人はその先に歩き続けて、自分だけ足踏みをしているわけにはいかなくて、何か知らないけれど走り続けていなければいけないと言う気になって、そうやって追い立てられている気になって、気が付くと数時間が盗まれている。
毎日にたくさん何かを詰め込んだ生活が出来る人が羨ましい。疲れを残すだけの空っぽの生活だと空しいばかりだ。

転職するたびに年下の上司や先輩が増える。
今日、二つ年下の四年先輩の父上が亡くなった。仕事の問題はさて置き、去年の友人の件もあり、僕もそういう歳になったのか、とまた思わされた。
今まで両親に対して何も孝行らしきことが出来ていないし、安心感や名誉を見せることなどもってのほか、労うことすら当分出来そうに無い。格言に言われたのはその通りだと思う。
けれど、滅私奉公する前に、今年はまず自分が自分であることの意味を思い出したい。そんなことはハタチ前にやっておけばいいんだけれど、10年遅れてもスタートしないよりはマシだと思う。

入社一ヶ月を目前にして早くも遅刻。
昨夜の地震で目が冴えたのに無理やり二度寝したのが失敗だった。

給料って、どこにアピールすれば上がるんだろうか。

数年ぶりの早起きを続けていて眠いけれど、何とか少しずつなじんでいる模様。
再来週には早くも後輩が入ってくるようで、この動きの早さにはまだ慣れていない。
明日は自分の歓迎会だけれど、どうやらうちの事業部は朝までコースでワインをデキャンタで一気したりするらしい。大丈夫なんだろうか。最近6時か7時に起きて1時に寝てるから、朝まで持つか心配だ。明後日も住宅の契約だし、先が思いやられる。
まあ何とかするしかないのだけれど。

今ひとつ現実感が欠けたまま、オリエンテーションを迎えた。
今日の同期が20人、1月だけで計60人という凄い人数と言うこともあり、滞りもなくスムースに進む。覚えなければならないこと、読まなければならない資料、受けなければならない研修等が今のところ山積みだ。
慣れた頃には、また何か新しいものが見えてくるのだろうか。

本来は11月は引継ぎをするだけのはずだったのだけれど、結局退職日まで毎日通常通り物件をやっていた。予想通りとはいえ何と言うか……スケジュール管理の概念はないのだろうか。おそらくあの会社は、今までもこれからも、必死で労働すること自体を存在意義とする以外の立ち行き方はないのではないだろうか。
例によって毎日徹夜して、文字通り本当に毎日朝日を見てから寝て9時に起きて。
仕事から解放されて、気が付いたら12月だった。11月の記憶はまるでない。
今日で28歳になる。そう言えば、27歳の誕生日も法律上はどこの会社にも所属していなかった。2年連続無職だとNETTみたいだ。自分ではそのつもりはないのだけれど。26歳の弟共々無職。両親は恐らく縁の下あたりでさめざめと泣いているんだろう。
明日はどっちだろうか。本当にあるんだろうか。無いなら無いで、せめて今を少しでも楽しませて欲しい。

眠剤を飲まなければ起きていられるとは言え、今夜も徹夜になるとまた幻覚を見ることになるのだろう。一応半分ほど仕事の目処は立ったのだけれど、また仕様変更が来るようだ。いつになったら徹夜は終わって、いつになったらまともな生活に帰れるんだろう。
顔の筋肉が痙攣しているので呂律が回らないし、そろそろ妙な感情の爆発も薬では誤魔化せなくなってきた。こんなことでは駄目だ。
こんな仕事を選んだ自分と、これほどまでにこの業務に対する能力の衰えた自分を恨む。

本来は今日で担当業務を終わらせ、書類上の退職となり、明日からは引継資料の作成を行うはずだった。
今週は無理やりにでも月末納期の仕事を終わらせなければならなかったのだけれど、社内の別の人が書いたプログラムで発生したエラーのために客先のお金絡みのデータが壊れ、急遽朝から晩まで客先事務所に常駐して復旧しなくてはならなくなった。針の筵。
おかげで自分の仕事は全くできず、この土日も徹夜作業をする羽目に。来週に入っても恐らくはしばらく終わらない。元々体調が悪いしスケジュール的に難しいと伝えていたけれど、例によって予算も納期も決まっていたから、今週は無理して徹夜してでも仕上げようと思っていた。
そもそも普通辞めることが決まった人間に新規の仕事は振らないだろうし、他人の尻拭いを必死でやった上で納期遅延を責められると本当にやる気がなくなる。自分の仕事をさせて欲しい。この体質は結局何も変わらなくて、最後までぐちゃぐちゃな状態で蹴り出される羽目になるのだろうか。
真面目に生きようとするのが馬鹿馬鹿しくなってきた。

会社を辞めることになると当然引継ぎが必要になるが、そのためにまた名古屋にしばらく滞在することになりそうだ。向こうの業務が暇な時間中心になるので当然土日は無いと思われる。
残り一ヶ月を切っている場合引継ぎが最優先な時期だと思うのだが、まだ2つも進行中の物件がある。結局徹夜せざるを得ない。今の物件が落ち着いたら、という話だったのだけれど、辞めるつもりの社員に払う金は最早ないらしく、一刻も早く手続きを済ませたいのだろう。
名古屋の方針と折り合わなかったため、名古屋勤務が嫌だというのも辞めたい原因の一つでは有ったのだが、また苦難の月になりそうだ。

やっと、会社を辞める方向で話がまとまりそうだ。
仕事自体は嫌ではなかったので責任は全うしたかった。
でも辞める時に、後を全く濁さずに去ることは出来ない。どうしても、残る人には負担を強いることになる。守りたい対象が変わったからとは言え、自分の中では負け。
もう一つ、上司にも言われたが、発展的な退職ではなく、抑鬱状態になってしまって使い物にならないからと言うことで進退の話になった所も良くない。辞める理由はそこではなく、単にもっとお金が必要になったと言うだけなのだけれど。
一年持たなかったんだな。

結局誰に訊いても正解などはないんだけれど、今逃げると次に同じ状況になった時にまた逃げることになるから逃げてはならないのか。
新たな場所で自分の適性を探すことも、20代の今しか出来ないことだとは思う。
しかし最早手遅れかもしれない。
自分勝手でごめんなさい。

最近やたらと死にたいと思ったりするのは心が弱っているからなんだろう。
このままの生産性だと会社に対して迷惑ばかりかけてしまうので退職しようかと何度も考えるが、ここで辞めてしまうと次の仕事でも同じことを繰り返すだけになってしまうのではないか。だからと言って急に死んでしまっても迷惑だし、うちの会社は休職を受け入れられるような度量のある会社でもない。何とか会社に損害賠償をしなくても済むような形で決着させたいのだけれど難しそうだ。
恥を偲んで親に相談してみたら、その状況で勤め続けている方が愚かだと言われた。会社にとっても、もちろん自分にとっても良くはないことなので、一旦蹴りをつけるべきだと。このままの状態が良いとは思わないが、結局どこに行っても今より楽になることはない気がするし。
今日も何も結論は出ない。

ここ数ヶ月在宅勤務なので、毎日ある程度の量の報告書を書く必要がある。
毎日の業務後に約1時間は確保しておかなければならない。
まあそれで給料がもらえるのなら安いものなのかも知れない。
社長や役員が親しくしている会社の多くは、社員の労働効率を上げる方法は1ヶ月に1回は殴ってやることだと言ってはばからないのだから。結局どこに行ってもそうなんだろう。上流工程というのはどこにあるのだろうか。

8時半起床。9時マシン起動。
25時まで作業。27時まで日報作成。
日報作成後に不具合発覚、28時半まで作業。風呂、食事、29時半就寝。
これだけ時間を使って仕事をしてもうまく回っていないのは能率が悪すぎだ。
最近指摘されたのは、疑問点を尋ねないまま直前まで過ごしてしまい、その結果品質が劣化しているという点だ。
まず、疑問点が出せるところまで作業が進んでいないところ自体が社会人失格だ。われながら言い訳がましいけれど、今まで通りに作業しているつもりが時間が盗まれたような感覚を覚えるほど、あまりにも仕事が進められないので、今週は本気で精神科に掛かろうかと思った。
でも、精神科が空いている時間に外に出られそうもなかった。最近好不調の波が大き過ぎるとは思う。
今日は何とか形には出来たけれど、このところの遅れのせいで明日からまた火の車。週末のどちらかくらいは休めるだろうか。
能率を上げないとこのまま一生休めない。気合で乗り切れるとも思えないし、まずは外圧を用意するところから始めようか。もっと追い込まれれば、嫌でもやらざるを得なくなるのだから。

例によって毎日5時を過ぎて寝ているものだから、一日中本調子ではないような状態が続く。僕の周りで労働基準法が守られている現場なんて見たことがない。法律は結局既得権益を守るためのもので、個人の尊厳や権利、そして自由等は守ってくれないのだ。
このところ在宅で仕事をしているのだが、午前9時~午前4時くらいまで週7日働いて、夜明け前に入浴したりコンビニに行ったりして命をつないでいる。誰とも連絡が取れないので、櫛の歯が抜けるように、毎日少しずつ友人がいなくなっていく。
最近業務の成果は過去に例を見ないほどバグだらけでどうしようもない。幾ら働いても時間を消費するだけで、今週は全く建設的な結果が得られていない。そろそろ使えない人間の烙印を押され、報酬か社員の身分のどちらかを剥奪されるのだろう。
そのうち、会社、元友人、そして他の誰の記憶からもいなくなって、その時僕には何が残っているんだろうか。大槻ケンヂが空気男と言ったのは、こんな人間のことだろうか。まあ、どうでもいいけれど。

Get Adobe Flash player