Skip navigation

Category Archives: 未分類

うちのマンションはそれなりに堅い作りだが昨日から揺れを感じる事が多い。

一昨日の夜は近所で硫化水素自殺があって、大豆戸の交差点先の綱島街道が封鎖されていた。いろいろと大変な今日この頃。

ボクササイズに使用するパンチングボールに血の涙を流す顔の絵を描いて、ヘッドフォンをつけてあげると何かしらかわいそうなことになった。まるで生首。

こういう、生首として生きる民族は、生まれながらに生首ではなく、きっとこういう悲しい生態を経て生首になるのだ。

さあ、病院に行こうか。

ニコニコ動画が見れない人には申し訳ありませんが、この人の作る不思議な動画が好きすぎて困る。

http://www.nicovideo.jp/tag/%E9%95%B7%E7%B4%B0P

本家のキャラクターが何であるかを知らなくても、動画のインパクトだけで何か来る。

各方面からのご指摘に伴い、47.k2works.comに次の修正を行いました。

  • Creative Commonsに則り、サイトの情報の再利用条件を明確にしました。
  • 計算が正常に行われた場合、その計算結果へのpermalink(固定リンク)を表示するようにしました。
  • 本文中で使用している主な商標について明記しました。

そこに立ってる電柱に頭、

後ろに引いて打ち付ける。

何度も。

目眩気持ちいい。

夜のベランダって真下から見たら天井明るいんだ。

ひんやりと背中にアスファルト。

目に暖かい赤。

時間が守れない。

ずっと体調が悪い。

時間があるようにても倒れていたり、優先順位が不明だったりして何もできない。

何かしなくてはならない状況に自分を追い込めば何か変わるかと思ったが、ひたすらに辛い。

飛び散ったかけらは別々の事を考えるし、各々には力もない。

47進いろは記数法⇔10進法 変換機を3月末から作っていましたが、ひとまず第一段階の機能は揃いました。計算精度・デザインともに一通りの確認を終えましたので、β版からRC1(リリース候補: 性能評価版)に格上げしました。しばらく動作に問題がなく、充分なパフォーマンスが出ていれば正式版となります。

次は10進数の計算式を入れると47進数に変換されてきれいな画像になる機能がほしいところです。

β版時代の修正履歴は次の通りです。

  • (2008/04/03) β4公開。JavaScript使用可能な環境とAPIにおいて、24桁の47進数で全ての桁を「せ」で埋めた場合の変換結果の10進数を逆変換可能となるよう修正した。
  • (2008/04/02) β3公開。JavaScriptを使用しない環境と携帯端末に対応。
  • (2008/04/01) 公開直後に修正を行いβ2公開。β1は廃止。
  • (2008/04/01) β1公開。

端的に言って、2や5の倍数が不当に優遇されているのが許せません。47とか、孤独で美しい素数をもっと愛するべきだ!
またそれとは別に、国粋主義を謳うわけではないですが、一般的に使われている数字に日本由来のものがないことを寂しく思っています。アラビア数字、漢数字、ローマ数字、いずれも外国由来のもので、日本のみで使用しているものではありません。
そんな悩みに日々悶々とする中、日本でしかありえない位取り記数法「47進いろは記数法」がふとした瞬間に降ってきました。それはまるで、初めからそこにあって発見されるのを待っていたかのようでした。
早速、内容を説明するページと、10進アラビア記数法から47進いろは記数法に変換するツールを作りました。
http://47.k2works.com/
これこそが革命的な和算の表記だと思いますので、ぜひご利用いただき、ご意見、ご感想をお願い致します。
なお、この位取り記数法の正式なネーミングも募集しています。

Read More »

新天地を見つけたつもりになったとして、少しだけ空が見える事に満足したふりをしてみたりする。

わかっている。

何度も同じ道を繰り返し歩き、同じ過ちを繰り返し、それでも結果を見なければ理解できなかった。

でもそうあった事が全てだったんじゃないか。

わかっている。愚問だけれど。

あるいはめぼら。今回もきっとヤン様にしか通じない話題なんでしょう。左の上瞼が膿んで目が開きません。人生初かも。一週間待っても治らないので病院に行ったら飲み薬を処方された。塗り薬ではなかったのが意外。

近所のドンキに財布だけ持って特売のビールを買いに行ったところ、身分証明書を要求された。そんなものが要ると思わなかったので持っていなかった。

20歳代のみ提示が必要とレジに記されていたので、31歳であることを根拠に静かにゴリ押ししたところ、クレーマー対応らしい担当が現れ、よく万引きGメン番組で見るようなオフィスに呼ばれた。

店舗の提示した規則に従って行動している事を述べたものの完全に嘘をついていると思い込まれ埒があかなかったので、流石に腹が立ち、財布を置いて家に帰り運転免許を持って行き、嘘をついていないことを証明した。

謝られるかと思いきや捨て台詞を吐かれて更に気分を害した。

「初めからそうしてくれたらいいんすよ、あんたが30とか言って信じろって言う方に無理がある」

何だそれは?

ただ、切れたら相手と同レベルになってしまうので黙っていた。

前に向いて走れと言われても、戦況は思わしくない。

下を向けば地雷原、そうかと言って下ばかり見て走ると首吊りトラップに捕まるのだ。ちょうどこんな感じで罠がぶら下がっている。

人は自分の負うべき責任のみを負い、他人の責任まで負うことはないということを自己責任の原則と呼ぶ。対応する権限のない事や、自分の力や作業範囲では対処しようのない事の結果にまで責任を負えというのは暴論だと思う。力で抑えて命じたとしても出来ないものは出来ない。

世間に照らしてみて、そんなに暴利を要求しているわけでもないのだけれど、こういう疑問を持っていることからして、きっとここに来てはいけなかったんだろう。

今日は、すぐに腹一杯飯を食いたくなったり酒を呑みたくなったりする自分がたまらなく厭だ。

禁煙はそれなりに続いているのに、たかが一週間すら断酒できないなんて。ただ今週はまだ店で飲み食いしていないのは唯一の救いではある。

息をするように自分に嘘をつけるなら、そんな事は簡単なのだろうに。給与の見返りの少ない会社に盲従する時にはそれができても、飲食では難しい。同じ欲でも睡眠欲や性欲は抑制出来るのに。

そもそも本当に我慢しなければならないのかどうかはさておき、自らを過剰に律したいのは返す返す理不尽だ。悪い事をしている気分に意味もなく悩まされるくらいなら、本当に悪い事がしたい。

これは、なんですか。

たまには極端に後ろ向きにならないと身が持たない。混雑にキレるなら終電なんかに乗るなと言いたいが黙っておく。

機会があったのに行動しなかったのは愚かだった。

選ばせてもらえる立場にあったのに悪い方を選んだのは愚かだった。

日々の欲にかまけて長い見通しを持てなかったのは愚かだった。

かつてはあったそれを失ってから無い物ねだりするのは愚かだった。

ミーイズムと収奪と欺瞞と偽善にあふれた組織に疑念も持たずに奉仕したことは愚かだった。

評価は対価に化けなければ後々に残らないと知らなかったのは愚かだった。

僕はあまりに愚かなので、これの、あれの、そしてそれの、いずれの始まりにも終わりにも気付かない。

同じ感覚の先達に、それはいつ頃からだったか聞いてみたい。夜の数は昼よりも一つ多かったのかとか、聞きたい人にはもう聞けない。

拠無き事情で人生初のXS書き。

入力にSV*一つ、出力にHV*一つ、中身は少々長いCの文字列処理とhv_storeのみ。

こういう単純なのでも、バイナリ配布で5.6と5.8の両方に対応させるなら、両方の環境でコンパイルしてパッケージ作るしかないのだろうか?

面倒。

この時期の喉の痛みは花粉症か風邪かわかりにくくて困るが、熱もあるし鼻水もなく喉が痛いが風邪だろう。

もっと有意義な過ごし方もあろうに、日月と寝込みっぱなしで時間を失う。普段下着で寝ているところをパジャマと靴下を履いて完全防備で寝ていると暖かい。ああそうか、先週道で寝てから調子が悪かった。

教訓1:冬に半裸で寝ない

教訓2:冬に道端で寝ない

前回のは抽象的に過ぎたので、今日は具体的に書く。

二日連続ではっきりとした殺人絡みの夢を見た。

昨日は自分が絞め殺されそうになる夢だった。道を歩いていたら大きな男に因縁をつけられ、両手で頚を絞められたまま宙吊りにされ、意識不明になる。夢の中で意識が戻ったところ、地面に投げ捨てられていて左腕が有り得ない方向に曲がっていた。

今日は実家にいる夢だった。窓の外で断末魔のような悲鳴が何度も聞こえ、外を見ると中学校時代の同級生が大勢、野次馬のように何かを取り囲んでいる。見るとそこにはご老人が二人倒れていた。

頭から大量に血を流していた一人にはまだ息があり、その辺りに落ちていた大きなアスファルト舗装のかけらを誰かが掲げてみたところ血が付いていたので、これで殴ったのだろうということになった。もう一方は胴体と首から上が分離していたので素人目にも死んでいるとわかった。警察官が首を担架に失礼なやり方で載せるのを見ていると、僕自身が鈍器で殴られたのか後頭部から温かい血が飛び散り、真っ暗になって夢が終わった。

大事な古文書や、水彩の名画にマヨネーズを有り余るほど大量にぶっかけたら叱られるかもしれない。でもそれが、黒い下着や郵便ポストにマヨネーズをかける事より悪いと誰かが決めたのか。

マヨネーズ風呂を作ったからと言っても、学校のマヨネーズ畑に行ってはならないわけでもない。道を歩いていてすれ違い様にマヨネーズをかけられて嫌だったらケチャップでもかけてやればいいし、マヨネーズで綺麗に日焼けしたいなら一度試してみればいい。

マヨネーズがどれほど好きか、マヨネーズにどれほど思い入れがあるのか。そもそもマヨネーズってなんだ。

みんなもっと自分勝手に、価値観がぶつかってみてから物を考えてもいいんじゃないのかな。特に恋する時とかは。待ってる時間はもったいないし、端で見ている分にも大騒ぎになっている方が僕は楽しい。

不都合にして呟かざるを得ず、昨日寒く今日は非常に暖かく、気象病なのか目も開かず体育座る夕景、足元の絨毯に顕微鏡の眼が固定され、灰色を構成する糸屑色の混紡が赦しがたく目眩い、安い古着と無用の暖房に汗を流し、右側の掻痒と左側の鈍痛と前後の不具合に苛まれ、アルファベットと数字は与り知らぬところで優雅に奏でられ、責任をたらい回す文化は国境を越え、関わる事全てが裏目に出たように感じるからこそ、しばし湯煎に頼る可能性がある。

土曜の夜に過度に飲酒し、雪の降り積もる中バス停のベンチで寝たが、早朝目覚めて帰宅した。人生一回休みの刑?風邪なのか花粉症なのか鼻水がひどい。

日曜は食事の時間以外は完全に布団の中で、暖房もつけず猫を抱えて寝ていた。これはひどい養豚場ですね。

今日は目が眩み人に酔う。

六本木の雑踏の中、ナイジェリア人と思しき客引きに多分 "Why don't you see all that girls?" 等と話しかけられたが、訛りがひどくて「猥談しようぜぁ!」にしか聞こえなかった。

疲れているのだろうか。

昨日は朝起きたら喉が少々痛み、マスクを着用する事にした。

今日はなるべく話したくないと無言のうちに示すために、太いマーカーでマスクに×印を描いた。

シンナー臭で余計に調子が悪化した。

土日二日にわたるお別れ会は狂宴にならない程度の饗宴で、誰にとっても気持ちよかったのではと思う。

例えば旧校舎での最後の同窓会みたいなものと考えれば、関東から馳せ参じるのもそれほど常識はずれでもなかった。土日に会った一番上と下との年齢差は22、もうすぐ人間一世代が回る。

それはさておき、日曜くらいから唇の左右、今日には全体がぴりぴりとめっちゃ痛いんですがこれはやっぱりあれですか。

笑うほど世界の株が暴落して、債権保証機関自身の格付けも下がり、250兆円の債権の信用が下がり値が付かなくなったとか、ワールドビジネスサテライトのアナウンサーが本番中にNASDAQの初値暴落を見て涙目だったとか。色々大変過ぎて、何をどうするのが良いのかという価値観を論じるのすら馬鹿馬鹿しい。

ちょっと前まで真面目に働くのは馬鹿で、レバレッジの力学に基づく投資やデリバティブで上前を撥ねるのが賢い大人の生き方だと言われていたが、今や彼らは例えば太陽系の成立過程を計算している理論天文学者が手近な現金収入源を全く持たない事を馬鹿にする事すら出来まい。それどころか、飲んだくれて保育園のエレベーターで眠り警察を呼ばれる人も、この寒空の下公園のベンチで乳首を吸わせたり吸ったりしている若いカップルも、何も出来なくて凍え死にゆく人達も、何なら泥棒や人殺しも、全て正しく、全て間違ってもいるとしても否定はできないだろう。何をすることも正しく、何をすることも間違っている。

僕は勝負の資格すらないからか心安らかで、今週まず確実なのは三条コウシンに行ける最後の機会だから、あそこで狂ったみんなと一緒に、取り返しのつかない事がしたい。少なくとも大きく間違ってはいないんじゃないだろうか。

僕が最後にPCを買ったのは2002年。

この業界にありながらそれ以来6年間全く新しいものを買っていないのですが、さすがにそろそろ新調しなければ、新しく何かソフトを買っても動かないという事も出てきました。

長年と言っていいくらいメインPCとして使ってきたこのマシンですが、この画面を人に見せる度に色々と突っ込まれます。

そうカスタマイズしているわけでもないのに。

薄くなりつつある頭を丁字剃刀で滑らかに磨き上げ、よく噛んだチューインガムを薄く延ばして貼り付ける。しばらく待つと、それが乾いて縮むに連れ、皮膚と薄いガムの膜が合わさった何かが不規則に引き攣れ、心地良いマッサージとなる。

検察官に読み上げられた訴状の変わらぬ一文主義が訳もなく気になるのと同じように、チューインガムの単語間の連接が気になる。そんな無駄な事を考える前に、空に向かって伸びる先端の見えない梯子を駆け登れ。

闇夜の空の上から、薄く薄く延ばした甘いチューインガムをふわりと拡げ、眠る街も人も全てを覆ってしまおう。何も知らずに眠っている人は、甘いガムを噛む夢だけ見ても、きっとそのまま明日が来なくても、何一つ気付きはしない。

並べたマグロに鈎を引っかけて冷凍庫でフォークリフトを乗り回す。外に出たら、解凍した切り身に誰かまたタンポポを乗せてくれないかと思いつつ、今日も味の無くなったチューインガムを噛み続け、唾液で空腹を満たすふりをする。

田舎の産業が沈滞して久しく、関東なんかには僕を含めて多くの人々が、三軒茶屋を三茶と呼ぶような意味で、それぞれがばらばらに記号化された毎日を生きている。それぞれ違った方向にでも走っている事には違いはない。

つや消しむみんを名乗る彼が今日数年ぶりのライブで歌うのを夕方突然知って、平日なのにライブを見に行った。そういえば会うの自体も7年ぶりくらいだった。

職業作家中心のバンドで、各々誰かに提供した曲のセルフカバーの持ち寄りだった。初ライブのようだったのに、流石になかなかまとまっていた。パーカッションの方が面白いキットを組まれていて、ついついそちらを見てしまう。それ以外にもパフォーマーと作家の表現の違いは個性が顕れやすくとても面白い。僕は作家自身の表現の方が生々しくて好きな事が多い。

彼の歌い方はかなり変わっていた。今の方が力が抜けていて、昔よりも自然じゃなかろうか。帰ってから考えてみたら、最後に生歌をたくさん聞いたのは三条河原で路上ライブをやった時か。そりゃ変わる。当たり前だ。

セットリストはやや擦り減った人にしみる曲が多かったように思う。作家の方々は普段僕ら以上に競争社会で激しく生きているからか。いずれにせよ全部良い曲で、あんなに小さな箱で少人数の環境で聞けたのは贅沢で幸せだった。

今日のMCや歌詞じゃないけれど、まだ時々どこを目指せばいいのか迷ったりする。ただ、迷って何もせず無駄に時を過ごすよりも、結果の良し悪しに関わらずとにかく行動して形を残した方が良い。振り返って後悔しないのはそういう事だろうと思う。僕も今年は各方面にアウトプットを増やそう。

あけましておめでとうございます。得体の知れない紙(写真)がポストに入っていると思ったら、今年から水道料金の紙の個人情報保護の目的でラミネートされたそうです。ここはどれだけ治安の悪い国ですか。今年は一日から五日にかけておくゆかしく賀状をしたためました。まだ届いていない方もあるかと思います。年開けから相変わらず申し訳ありませんがよろしくお願いします。

今年は全てにおいてなにもかも中途半端で遅すぎた一年だった。

来年は気をつけよう。

多分元旦から何かありそうだけど。

某日某時刻に、某所の某施設に数回も乗り換えて向かった。何度行っても見当識を失う苦手な町並みを歩き、予定より若干遅れて到着。某用途向けの某案件に立ち会った。

今回に関しては自分はあまり関係なかったが、某社の現場の方々の気迫は自分の仕事の糧にすべきと感じた。

実家の近くの小さな山から、適当な布で作ったハンググライダーもどきで飛び降りて、君と遊んだ。君のグライダーは適当すぎて前後や横にふらふら揺れて、それでもゆっくりゆっくり降下していく。
ひとしきり汗をかいて楽しんだ後、家に戻り着替えた時、君が呟いた言葉が刺さった。
『やっぱり一年経つと小さくなるだな』
「ん?着替えが?」
『私がだ。だって、私、死んでるだよ』
それは君に言ってもらう事じゃなくて、僕から伝えるべきだった。

祖父は酸っぱいからという理由で苺が嫌いだった。

苺を見ると、食欲と性欲の区別がつかない人を想起させられる。女子限定。多くの男子は自分で苺と名乗ったりしない。自分を苺に擬える人は、苺の赤い部分は果実ではなくて、表面に散らされた小さな種を食べさせるための囮である事に気付いているのだろうか。


玉葱4個とニンニク3片、塩とナツメグとセージで揉んでおいた鶏肉300gをオリーブオイルでよく炒め、白菜4分の1を加えて蒸し焼きした後で、ブイヨン500cc、エリンギ・マイタケ各1パック、白葱1本、タイム、オレガノ、ローズマリーを投入。数十分煮込み白菜が溶けた後で塩、黒胡椒、カイエンペッパーで味を整えた。

せっかく平日にしては真面目に夕食を作ったのに、米を炊き忘れていて、仕方なくこれをうどんにかけて食す。一気に謎料理。

今日は緑黄色野菜を追加しようと思う。

Get Adobe Flash player