Skip navigation

加工していてわかったが、800×400×9mm のベニヤ板の四方の角にゴム足をつけて中央を浮かせると、ベコベコ凹むほど弱い。最低限15mm厚の板にすべきだった。妙なところでケチってはならない。

補強のために材料を追加せざるを得なくなった。

■追加の材料

  • ゴム足 (11個使用。4個294円×3組)
  • アルミチャンネル (12×12×1000mm×2個。800mm, 200mmに切断して使用)
  • プラスチックスペーサー(8個105円×2組)
  • ステップル(U字釘。80個くらいで210円)

この他、使ってみたら工具が色々と刃が折れていたり、曲がっていたり壊れていたので新調した。

  • 丸やすり (630円)
  • 平やすり (730円)
  • 三ツ目錐 3φ (294円)
  • ネズミ錐 6φ (294円)
  • ボードドリル 8φ (1200円)

■現在の進捗状況

    電源系は裏通しするので、ドリルとノミで適当に穴を開けた。

    DCケーブルが集中する辺りはアルミテープでシールドする。アルミは後でパワーディストリビュータのアースに逃がす。

    表に壁紙シートを貼って耐候性を向上させた。木の板の周りにはアルミチャンネルを回して補強。取っ手を装着。

    裏には約25cm間隔でゴム足を多数装備。これで少々踏んでも曲がらない。

    もう少し計画的にちゃんと寸法を測って、強度計算もして作ればよかった。まあ、予定外の出費はあったものの、5000円程度で済みそうではある。


Get Adobe Flash player