Skip navigation

アスファルト人格形成!自己否定の声!

と歌っていたバンドが好きだったのはもう16年も前の事だ。

翻って今現在自己否定する理由は何だろう。

何年か前にも、俺や周りはお前を認めてるのにお前自身が認めなくてどうする?と、数少ない親友の一人に諭されたのを覚えている。自分が嫌いな自分を人に好いてもらおうとするのは身勝手だ。それもわかっているはずなのだけれど。

なぜか、何か自分がやりたければやりたいと思うほど、誰に止められているわけでもないのに、それはやってはならない事なのではないかと思えてくる。楽しみだった旧友に会うために家を出る時など、楽しみなのに自己否定が発動して出発が遅れ、結局は充分な時間を過ごせずに終わり、やり場のない情けなさと怒りが残る。

会社で業績を褒められても、まだもっと貢献しなければならないはずだとか、自分みたいな人間が重用されているレベルでは競合に勝てるはずもないからもっと全体を底上げしなければならない、などと答えてしまう。

誰かに褒められた時に、自分はそんな風に褒められるに値しないのになぜ褒めるのだろう、どういう理由があるのだろうと考えてしまう。失敗を赦してくれると言われた時に、本当は怒っているのを我慢しているならはっきり言ってほしいなどと繰り返し、結果本当に怒らせてしまう。自己否定の結果、自分を評価してくれた相手をも否定する。

なんて嫌な奴だ。

自信過剰だと思われたくない。口先だけの人間だと思われたくない。だから結果として嘘になる約束はできない。必ず実現すると決意していても「100%実現できる証拠を提示できるのか」と自問自答してしまい「可能な限り努力する」としか言えない。無責任にしか聞こえない。

これで大切な人を幾人も苛立たせたり怒らせたり悲しませたりしていることに、なぜかその瞬間は気付いていない。誰の得にもならないと思う。この強烈な自己否定は何だろう。

頭の中で止まない自己否定の声を消したい。どこを打ち破れば変わるのか。例えば明日のライブでこのわけのわからない感情をギターにでも叩きつけてみようか。無理矢理にでも人前で偉そうにしてみれば、何か変えられるだろうか。そこだけでも認められるだろうか。