Skip navigation

半分忘れたはずの顔をたまに思い出す時もある。
そんな時には微笑んでくれていたことと、ただ楽しかったことしか思い出せない。
どうして一緒にいた頃、もっと仲良く出来なかったんだろうね。
僕らは何年か同じ方向を見て過ごしてきて、そしていつの間にかお互いの姿が見えなくなった。僕らはとても目が悪くて、周りに描かれた小さな円の外は見えないんだと思う。遠くから走ってきて、たまたまぶつかってくっついたり、そのまま突き抜けてったり。似たような方向に歩きながら出会ったら、しばらく並んで歩いてみたり。まだその辺にいるのかも知れないんだよね。たまに光の射すほうを横切ったら、何か違和感を覚えるのかもしれない。でもきっと気のせいなんだと思う。
何度眠っても三つ数えたら目が覚める。昨日の夢で添い寝していてくれたのは誰だったのかな。暖かい毛布が欲しい。多分、今はもうそれだけで幸せなんだと思う。