Skip navigation

ごく稀に、出会った日からその人のことを昔から知っていたような気がすることがある。デジャヴのようなものだろうか。数えるほどしか経験は無いけれど、実際に相手も同じように感じていたりするから、あながち僕だけの思い込みでもないかと思う。
そういう人とは少し話すだけでも考えていることが似ていることに気が付いたりするので、僕はどんどん気持ちが先走ってしまう。僕は基本的に他人の事は疑ってかかる性格だけれど、そういう人に対しては一切の防御を解いてしまう。そして、今の自分と相手の置かれた状況で、僕が相手に対して寄与できることは何か、と考え始めるのにそう時間はかからない。


男同士の場合、これが20年来の友人関係に繋がっていたり、仕事面でのよいコラボレーションになったりするので、今まで良いことばかりだった。全幅の信頼をお互いにおいていれば、何も心配することなく自分の能力を発揮することだけを考えていればいい。肩でも組んで口笛でも吹きながら。
でもこれが男女間の場合だと、何故かトラブルになってしまうことが多かった。確かに、自分の交際相手よりもマメに連絡を取ったりしていると誤解の元になるかも知れない。トラブルにならなかったことも無くはないが、それでもその関係がお互いにプラスになる形だけで長続きしたことはない。あまりにも意気投合してしまうと、相手の交際相手からはムカつかれるだろうし、僕らは所詮異性の動物なので、そのうちにツガイの方向に考えが及んでしまうからかも知れない。そんな時に最後に思い出させられるのは、今僕に出来ることで一番相手の為になるのは、静かにフェードアウトすることだけだと言うことだった。
トラブルを重ねて来たことで、自分はかき回す気なんかないよ、なんて初めから伏線を引くことだけは覚えた。その上でかき回すだけかき回しておいて、相手もその周囲も傷つけて、都合が悪くなると謝って逃げる。毎回何も学習せずに同じ過ちを繰り返してきたのに、今もそこから抜け出せずにいる。お互い一人で生きているわけではないので、どこかに触れれば周囲に波紋が広がるのだ。初めから触れなければ波風は立たないのはわかっているけれど、それでも手を伸ばさずにいられないのが問題なのだろう。
一度繋ぎかけた手は離したくなくて、駄々っ子みたいに涙目で同じことを繰り返すからこんなことになるのだ。古いアルバム ( Awake / DREAM THEATER ) を流しながら、ぼんやりと考えてはみるが、こういう時には自分でも何を考えているのかさっぱりわからない。最近結論が出ないことばかりだ。怖がらずにまず一歩踏み出せば何かが変わると思ったんだけれど。僕が女性に+の影響を与えられるかも知れないと思うのは、所詮思い上がりなのかも知れない。