Skip navigation

昨日の衆議院文部科学委員会で、以前から注目していた著作権法改訂案が原案通り可決された
参考: http://d.hatena.ne.jp/face_urbansoul/20040602
本質的には著作権法は著作者の権利を保護する為の法律で、外国の著作物を一概に日本に還流させないことによって流通業者の権益を確保するための枠組みに貶めるのは誤りだと思う。
一般大衆には受け入れられる市場性はないが良質である海外の音楽を体験したい場合、現状は輸入版に頼るしかない。しかし輸入版等に興味のない先生方はおそらく本会議でもこれを素通りさせてしまうのだろう。輸入版購入者は、彼らから見れば砂浜に紛れ込んで足の裏に刺さる厄介な貝の欠片のようなものかも知れない。もしかしたら彼らは自らもその砂の一員だったことすら忘れているのではないだろうか。自分の上を通る者の足に何かが刺さる可能性など考えもしないのだろう。おそらくはコンクリート舗装をするつもりで。
最近の日本は少数派意見を一部のマニアや危険思想者として一概に切り捨て、阻害し、拘束し、処刑する方向に動いていると強く感じる。種の多様性を失った生物が滅亡するのと同じように、誠意ある忠言を受け入れる余裕のない国は翼賛政治に盲進するだけではないか。
この方向性が改められないようならこの国はもうだめだ。急いで立ち上がり既得権益にしがみつく彼らを交代させる方向に動かなければ、いずれ体制に疑問を持つ人間は処刑されてしまうようになるかもしれない。
最近のWinny作者逮捕の動き等を見るに、僕がこう言った意見を述べただけで騒乱罪に幇助がついて逮捕されてしまうかもしれない。あるいは何か行動を起こせば共同正犯までつくかもしれない。
思想を統制し異端を罰することを志向する彼らの企図の全体が見えない今、僕は殺される前に自分が成し遂げられることを済ませておきたいと思う。目上の立場と言うだけでそれに盲従する愚かな連中だけがブロイラーの小屋で管理される世界に生きるくらいなら、殺されても文句はない。


Get Adobe Flash player