Skip navigation

okatch が言及しているのを見て驚愕。
愚かなことはやめてくれ。
今まで大手の外資系レコード店等で色々と興味深い海外のマイナーなアーティストを知ってきたわけだが、これからは自分で海外サイトを彷徨って、自分の琴線に触れる音を探さなければならなくなるのか。おそらくは店員の個人的趣味と思われるオススメ輸入版コーナーみたいな物がある店は多いが、担当者の趣味と僕の趣味が合っていたら、自分の時間を費やさずとも、音楽的発見を新たにするようなとてつもない音に出逢える可能性が高かったのだ。しかし、今後レコード店での販売が禁止されれば、そのチャンネルはなくなる。
ウェブの形で情報を発信していないアーティストは、僕はこれからどうやって知ればよいのだ。そういう趣味の人間は UK インディーの雑誌でも個人輸入すればいいと言うことなのだろうか。僕はどちらかと言うと売れ線の曲よりも、音楽の新たな解釈をしている人の曲に興味がある。そういった趣味の人は、最近は決して少なくはないと思うのだけれど。
こう言った妙な改悪を重ねると、法案の意図とは逆に、ますます国際競争力を弱めることにしかなり得ないだろう。この手の思想は、文化の多様性を政治的意図でねじ伏せることに繋がりかねず恐ろしい。
海外盤CD輸入禁止に反対するホームページ
http://sound.jp/stop-rev-crlaw/
海外盤CD輸入禁止に反対するBLOG
http://blog.goo.ne.jp/stop-rev-crlaw/


Get Adobe Flash player