Skip navigation

竹内めぐみデビュー曲、韓国でカバー 「何もない僕等」
今年 1 月 1 日に日本語 CD の発売が解禁されて以来、韓国語でカバーされた日本人の楽曲第一号とのこと。
この曲の作曲者である友人も日韓の音楽交流の歴史に名を残すことになるわけか。
もう1年半ほど連絡を取っていない彼が僕のことを友人と思っているかどうかは判らないけれど。 5・6年前に男同士で狂ったように長電話したりしていたのが懐かしい。
今現在、彼は日本で特に有名になっているわけではない。しかし、恐らく言葉も知らない隣の国の人に、数え切れない曲の中から選ばれたということは、彼の作品が普遍的に伝わり得るものだということを示していると思う。竹内めぐみへの提供曲に限らず、数年前の彼自身のアルバムが売れなかったのがもったいなくてしょうがない。単にその辺に転がしておいても、周囲と全然違う光を放っていたはずなのに。多分みな自分の目(耳)で探す気がなかったんだろう。
センス、技術、そしてスタンスの全てで、僕が超えられない壁を斜め上に突き抜けている彼にとって、日本のマーケットは了見が狭すぎたのかもしれない。単に、その時のマーケットの流れと彼の運が悪かったのかもしれない。これが韓国でものすごい好評を博して逆輸入されて流行したら日本人は追随するのか、などと思う。
長瀬弘樹氏は、僕の知る限りは残念なくらい正当に評価されていない人物だと思う。少なくとも Google の検索結果で、単なる MIDI フリー素材屋の僕よりも彼の名前が少ないのはどうかしている。
世論は大衆の意識の平均だから、評価は僕個人が言ってどうなるものでもない。けれど、単に彼とその作品の存在を今よりも少しだけ多くの人が知るだけで、大きく風向きが変わると僕は思う。


Get Adobe Flash player